■ 海 藻 の D R Y 棒寒天(角寒天)

● 寒天とは?

テングサ(天草)やオゴノリなどの海藻を煮だして固め、凍結と乾燥を繰り返して作られます。

 

江戸時代の料理書にも、寒天を使った料理が紹介されています。

 

角(棒)寒天の他、糸寒天や、工場で作られる溶けやすい粉末寒天なども市販されています。

 

角(棒)寒天は、長野県の諏訪地域、特に茅野市でほとんどが作られています。

 

みつ豆、水羊羹などの和菓子、金沢の郷土料理として知られる溶き卵の寒天よせ「べろべろ」などにも、寒天が使われています。

 

食物繊維を多く含み、カロリーが低いため、ダイエット効果でも注目の食材です。

● 戻し方、使い方


棒寒天の場合は、水に20分以上漬けて戻します。

 

柔らかくなったら水気を絞り、ちぎって水に入れて火にかけます。

 

沸騰するまではいじらず、沸騰後は5分ほどかき混ぜながら煮て、完全に溶かして使います。

 

 

<寒天は常温で固まる>

 

寒天は、冷蔵庫に入れなくても常温で固まります。

 

はやく固めたい時は、一回り大きい器を用意して氷水をはり、その中に器を入れ子にして冷ますと良いでしょう。

 

ゼラチンと違って、常温におくと溶けてしまうことはありません。

 

<寒天を煮溶かさずに使う方法>

 

棒寒天は、ところてんの乾物のようなものなので、煮溶かして使う他、戻してそのまま食べることもできます。

 

産地では、一口大にちぎって味噌汁に入れて毎日食べる人もいるそうです。

● 寒天を使った料理

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

江戸時代の料理書にものっている料理です。

豆腐の白が涼やか。

酢醤油やカラシをつけて食べる他、黒蜜や白蜜などをかけて食べてもおいしいです。

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

あんずとクコの寒天テリーヌ

 

ドライフルーツを少しお酒をきかせた寒天液で固めました。

大人のデザートとしてどうぞ。

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

青大豆とえびの寒天テリーヌ

 

青大豆とえびを昆布だしの寒天液で固めました。青大豆とえびの色合いが美しく、パーティー料理にも。

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

寒天入りスクランブルエッグ

 

寒天とたまごがダブルでとろ~り。海藻もたくさん食べられます。