2015年のブログ

2015年

11月

08日

伊勢丹OTOMANAにて乾物×ヨーグルトの講座開催しました

新宿の伊勢丹会館の中にある大人の学び舎、OTOMANAにて、乾物×ヨーグルトの講座を開催させていただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

04日

自由大学「乾物のある生活」13期2日目は野菜と果物!

「乾物のある生活」は、「乾物のある生活」を習慣にしてもらっちゃおうというわけで宿題もたくさん出しています。

公開ページではないのですが、受講生のみなさんには毎週、目についた乾物、食べた乾物(料理)などを写真と投稿でアップしていただきます。

続きを読む 0 コメント

2015年

11月

01日

朝日新聞でご紹介いただきました

11月1日の朝日新聞朝刊にて、DRYandPEACEの活動をご紹介いただきました。
レシピも3品公開しておりますので、お役立ていただければ幸いです。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

30日

東京新聞でご紹介いただきました。

10月30日東京新聞(ウェブ版にリンクをはっています。いつか消えてしまうかもしれませんが)および中日新聞でご紹介いただきました。

レシピ2品つき。作ってみていただけたら嬉しいです。

ボカシなしをアップするのはまずいというご指摘をいただき、残念ながらボカシ入りです。
ボカシなしをアップするのはまずいというご指摘をいただき、残念ながらボカシ入りです。
続きを読む 0 コメント

2015年

10月

16日

「ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ」から煮干料理を中心に講座を開催

ヨーグルトでもどす魔法の乾物レシピ」をご活用いただきたいと、樹のソムリエstudio(大田区北千束)にて講座を開催しました。

ヨーグルトでもどした煮干をレーズン、ナッツ、パン粉、オリーブオイル、にんにくを混ぜたものとともにオーブンで
ヨーグルトでもどした煮干をレーズン、ナッツ、パン粉、オリーブオイル、にんにくを混ぜたものとともにオーブンで
続きを読む 0 コメント

2015年

10月

14日

TBSテレビあさチャンにてご紹介いただきました

TBSテレビあさチャンにてヨーグルトでもどす乾物の料理をご紹介いただきました。

番組ホームページにレシピなども紹介されています。

続きを読む 0 コメント

2015年

10月

10日

B0-SAI(防災)イベントに出展しました

10月10日、11日豊洲で行われたBO-SAIイベントに出展しました。

ふだんから乾物を使い、使った分を補充するという暮らしをしていることは、実は食の防災訓練になると私たちは考えています。
3.11の後、私たちが住む横浜市では計画停電が実施されました。

冷蔵庫が使えない。そんな事態だというのに生鮮食品の棚は空っぽなのに乾物の棚はいつもと変わらない。

その少し前に乾物っておもしろいね、と話していたところで見たこの光景は衝撃でした。
冷蔵庫がないなら乾物でと考えられなくなっているのか、思いついたとしてもふだん食べていないから料理の方法がわからなくなっているのか、、。

そんな思いからDRYandPEACEの活動は始まったこともあり、防災という観点での乾物も考えていきたいことの一つです。

普段から乾物を使いこなすことで食の防災訓練に
普段から乾物を使いこなすことで食の防災訓練に
続きを読む 0 コメント

2015年

9月

29日

ミラノでの乾物×アートのイベント、130名ほどの方にご参加いただきました!

9月18日から20日の3日間、ミラノで乾物×アートのイベントを開催、130名ほどの方にご参加いただき、手応えを感じました。
現地在住アーティストの工藤あゆみさんをはじめ、たくさんの方々にさまざまな形でサポートしていただきました。ほんとうにありがとうございました。

今後、少しずつイベントの様子をアップしていきます。

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

04日

クラウドファンディングへのご協力ほんとうにありがとうございました

ミラノで9月18日から20日までに開催予定のイベント「KANBUTSU NO MIRAI」のためのクラウドファンディングにご協力いただいた皆様、ほんとうにありがとうございます。
初日まで2週間となりました。鋭意準備中です!

続きを読む 0 コメント

2015年

9月

02日

NHK「ひるまえほっと」にて、防災の面からみた乾物についてご紹介させていただきました

9月1日防災の日にあわせ、防災の面からみた乾物の魅力や活用法について、NHKの「ひるまえほっと」にてご紹介させていただきました。

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

19日

黒龍江産圧縮キクラゲのこの食感は未体験ゾーン!

北京出身の友人からもらった圧縮された乾燥キクラゲ。
キクラゲ大好きな北京在住の娘も「いつも市場にいっているけれどこれは知らなかった!」とのこと。
まあ、日本人からすればキクラゲには見えませんよね。

こんな「きくらげ」が個包装になっています
こんな「きくらげ」が個包装になっています
続きを読む 0 コメント

2015年

6月

19日

COOPさんのスライス乾椎茸にDRYandPEACEのレシピがついています

COOPさんでお取り扱いいただいているスライス乾椎茸に、DRYandPEACEのレシピが入っています。

3ヶ月ごとに入れ替わるとのことで、今ちょうど入れ替え時期。
この6つのうちのどれかかが入っているはずです!

お楽しみに!

椎茸と鷄ささみのわさび和え
椎茸入りストロガノフ

鷄肉と椎茸のタイ風スープカレー
ドライトマトと椎茸のチーズディップ
椎茸入り厚揚げローフ
椎茸と白身魚のトウチ蒸し

九州産椎茸スライス(原木栽培)20g入り
九州産椎茸スライス(原木栽培)20g入り
続きを読む 0 コメント

2015年

6月

19日

山形県鶴岡のきくらげにびっくり!

少し前、山形食べる通信編集長の松本典子さんとお会いした時にいただいた、鈴木屋本店の干しきくらげにびっくり!

続きを読む 0 コメント

2015年

6月

13日

豆は生きている〜発芽豆〜

豆は生きている。

そう意識している人は意外に少ないことに気づきました。

すでに12期を数える自由大学「乾物のある生活」では、1期目から発芽させた豆の料理を紹介してきました。必ずあがるのが「豆って芽がでるんですね!」

Kanbutsu Designでコラボしている盛り付けデザイナー飯野登起子さんによる盛り付けデザイン。カンボジアの漆器。
Kanbutsu Designでコラボしている盛り付けデザイナー飯野登起子さんによる盛り付けデザイン。カンボジアの漆器。
続きを読む 6 コメント

2015年

5月

24日

生春巻の皮をヨーグルトで戻してみたら

乾物の一つである生春巻の皮。

ベトナムやタイの料理が好きな人の中には、家で作ってみたという方もいらっしゃるに違いありません。

 

さて、皆さんどうやって戻しているでしょうか?

 

手元にある生春巻の皮の袋には戻し方として、「ぬるま湯に一枚ずつくぐらせ」て戻すとあります。

 

私も昔はボウルに水をはってた中に入れて戻してから、一枚一枚水気を拭き取り、具を巻いていました。でも手も周りもビショビショになるし、面倒であまり作らなくなってしまっていました。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

12日

パリで買い求めたイタリアの野菜リゾットのキット

パリ7区は、おいしい店がた〜くさんある場所。その中で美味しそう!と食いしん坊の私のハナが教えてくれたイタリアン・デリが一軒。

そこの店員さんが「これはおいしいよ!」と勧めてくれたのがこのリゾットキット。

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

11日

パリを代表するセレクトショップに置いてあった本に「KANBUTSU」の文字発見!

ゴールデンウィーク中、パリを訪れた。
パリを代表するセレクトショップと称される2009年オープンのmerciで、KANBUTSUの文字を発見。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

25日

自由大学「乾物のある生活」同窓会開催@カフェサンテ

自由大学での「乾物のある生活」も11期を終え、今、12期の募集中です。
そんな中、11期の受講生、河原みきさんのお店カフェサンテ(最寄り駅百合丘)にて、期をまたいでの同窓会を開催しました。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

21日

杉本商店さんの乾椎茸にDRYandPEACEのレシピが入っています!

コープみらい(東京、千葉、埼玉)の全店舗および、コープかながわの一部店舗にて販売されている高千穂の乾椎茸専門問屋、(株)杉本商店様の「乾椎茸スライス」に、DRYandPEACE開発のレシピが同封されています。


レシピは3種類。どれが入っているかは袋をあけてみないとわかりません。
3ヶ月ごとに、その3種類も入れ替わる予定。
お楽しみに。

店舗で見つけたらぜひご購入の上、作ってみてくださいね。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

15日

KANBUTSU DESIGN、はじめましたvol.1

自由大学「おうちパーティー学」教授の盛り付けデザイナー飯野登起子さんと一緒に、KANBUTSU DESIGNというFacebookページを立ち上げました。


一回目は、DRYandPEACEが作ったさまざまな野菜の乾物を持って、飯野さんのお宅にお邪魔。

持参した自家製乾物は、れんこん、土筆、カリフラワー、ビーツ、赤大根、こごみ、にんじん2種、大根、えのきだけ、茶樹茸、長芋、生姜。


他に市販の豆類、チューニョというペルーのじゃがいもの乾物。これに「もともと乾物に興味があった」とおっしゃる飯野さんがトライしてみたという大根の葉や、赤唐辛子などを使ってKANBUTSU DESIGNの時間です。

続きを読む 0 コメント

2015年

4月

13日

戻しはじめてから20分で完成する乾物ドライカレー

4月12日、サミット成城店のコミュニティスペースにて、乾物のミニ講座を3回開催させていただきました。
乾物を水に浸すところからはじめて20分かからずに完成してしまうドライカレー。

使った乾物は、切干し大根、干しにんじん、干しごぼう、千切りきくらげ、うち豆、レーズンで繊維もたっぷり。豚挽肉入り。戻し汁も残さず使いました。
並行して米粉を豆乳でとくだけでできる豆乳コメティーヤを皆さんの目の前で焼いて、カレーをまいて召し上がっていただきました。

続きを読む 1 コメント

2015年

3月

27日

南極観測隊のリクエストで生まれた、北海道発「極食」

フリーアナウンサーとして活躍、北海道食のコンシェルジュでもある安達祐子さんに「極食」をいただきました。


南極観測隊の「おいしいごはんが食べたい」という思いから始まったという、北海道食材を使ったフリーズドライ食品「極食」が目指したのは以下。

  1. 水やお湯だけで戻してすぐに食べられる
  2. 軽い
  3. 北海道の新鮮で安全な食材を使う
  4. 賞味期限が長い(約2年)
  5. おいしい!

日本のフリーズドライ技術は世界に誇るものですが、厚みのある食材をフリーズドライ化するのは当初とても無理ではないかと思われていたのだそうです。


はい、食材から水分を少なくすることによって、常温長期保存ができる食べものを乾物ととらえるDRYandPEACEは、フリーズドライも乾物、ととらえています。

ほうれんそう、ほたて、えのきだけが具
ほうれんそう、ほたて、えのきだけが具
続きを読む 0 コメント

2015年

3月

25日

歯ごたえの切干大根、甘みのゆで干し大根

乾物マエストロの加藤良依さんから、長崎県西海市西彼(せいひ)のゆでぼし大根と、宮崎県清武町の切干大根をいただきました。

続きを読む 2 コメント

2015年

3月

13日

豆豆茶!

豆豆茶をいただき、飲んでみました。

材料は、大豆、黒大豆、煎茶、小豆、マイロ(コーリャンの一種)。

香ばしくて美味しい、カラダによさそうなお茶です。
LUPICIAの通販サイトでも販売しています。

ごちそうさまでした!

続きを読む 0 コメント

2015年

3月

11日

食べながら備蓄。乾物で、非常食の新しい考え方「ローリングストック法」を実践

非常食を用意したけれど、そのまま放置。いつの間にやら賞味期限も切れていた。さて全部食べるのか、それとも捨ててしまおうか、という経験はありませんか?

最近でてきた非常食に対する考え方に「ローリングストック法」というものがあります。賞味期限まで食べずに置いておくのではなく、日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すことを繰り返し、常に家庭に新しい非常食が備蓄されていく「食べ回しながら備蓄する」方法のことをいいます。

食糧基地!と呼んでいる乾物ストックコーナー。上はいろいろなスプラウトの種を発芽させたもの。種でストックしておけば、新鮮な緑も数日で食べることができる
食糧基地!と呼んでいる乾物ストックコーナー。上はいろいろなスプラウトの種を発芽させたもの。種でストックしておけば、新鮮な緑も数日で食べることができる
続きを読む 0 コメント

2015年

3月

06日

乾物ドライカレーパンプロジェクト、2年目の成果!!!

乾物ドライカレーパンプロジェクトを開始したのが2013年。

2年目となる昨年1年間に集まった寄付金の中から、今年は10万円分の植樹をしていただくことになりました。これも、協力いただいているパン屋さん、パン教室さん、そしてパンを買ってくださる皆さん、習ってくださる皆さんのおかげです!

今年の植樹の内訳は、

ヤマアンズ:300本(200円/本×300本=60,000円)
樟子松(ショウジマツ):80本(500円/本×80本=40,000円)
紅葉するヤマアンズ
紅葉するヤマアンズ
続きを読む 0 コメント

2015年

3月

05日

Cafe Santeさんの乾物カレースコーン、水曜、日曜販売開始です

新たに乾物ドライカレーパンプロジェクトに協力してくれることになったcafe Santeさん。
川崎市百合丘にある、卵、乳製品、白砂糖を使わず、国産、オーガニックにこだわった植物性食材を使った料理を提供しているカフェです。

スコーンの生地には、米粉と麹とココナッツを使っています
スコーンの生地には、米粉と麹とココナッツを使っています
続きを読む 0 コメント

2015年

2月

15日

ライスペーパーの手軽な戻し方大発見!?

ライスペーパー、皆さんどうやって戻していますか?

大量の水の中に沈めてまた水気をふいてと、苦労している方も少なくないようです。面倒!実は、私も10年前はそうやって戻していました。

しばらく前に、皿の上にライスペーパーをのせて水で手をぬらして全体をなぜたら1分ほど放置すれば戻るという方法を発見したら、とても手軽に使えるようになりました。ぐっと身近に使ってみることができそうですよね。

さて、今回の発見は、、。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

11日

乾物をヨーグルトで戻してみたら、、、

乾物は水で戻すもの、と思っていませんか?


最近発見したのは、ヨーグルト戻し!の便利さ。

干し椎茸をヨーグルトで戻すとふっくらするという記事をウェブ上でみつけて試してみたら、確かに水戻しよりふっくら!でも、、、。戻した後のヨーグルトを捨てるのはしのびないし、大好きな煮物にしようとするとヨーグルト風味が邪魔をして、私たちには残念ながらおいしいとは思えませんでした(カレーや乳製品を使った煮込みなどになら活かせると思いますが)。


ところが、やってみてわかったのは、乾物がヨーグルトの水分(ホエー。この中にも栄養がたっぷり!)のみを吸って乾物の周りには水切りヨーグルトがまとわりついている(?)状態になること。戻しのために使ったヨーグルトを捨てることなくソースとして活用すると考えたら、ヨーグルト戻しってもっと他に使えるに違いない!と早速「研究」を始めました。

切干にんじんとレーズンを3倍重量のプレーンヨーグルトに混ぜて5〜6時間おいたサラダ。素材の甘さで味付けいらず。にんじんに個体差があるので好みで蜂蜜を少々、シナモンパウダーを、などアレンジして
切干にんじんとレーズンを3倍重量のプレーンヨーグルトに混ぜて5〜6時間おいたサラダ。素材の甘さで味付けいらず。にんじんに個体差があるので好みで蜂蜜を少々、シナモンパウダーを、などアレンジして
続きを読む 0 コメント

2015年

2月

07日

横浜の高校生が乾物ドライカレーパンを製作販売!

2013年から乾物ドライカレーパンプロジェクトに協力してくれているクラーク記念国際高等学校横浜青葉キャンパス。

3年生から1年生にプロジェクトが受け継がれ、2月7日(土)に一般販売をしてくれました。生徒たちが作ったホームページ内のブログでも紹介してくれています。

3年生(左)が1年生に引き継ぎ、新たな乾物ドライカレーパンが登場!
3年生(左)が1年生に引き継ぎ、新たな乾物ドライカレーパンが登場!
続きを読む 1 コメント

2015年

1月

22日

家庭での野菜の乾物づくり、実は簡単なんです〜えのきだけ〜

「野菜が余ってしまうんです」という声をよくききます。

そんな時は乾物にしてしまいましょう。

 

で、まずはえのきだけ。「乾燥えのきだけを食べたらもう生には戻れません」という声もあるほど。隣の人が食べている音がシャキシャキときこえるほどの歯ごたえがたまりませぬ。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

20日

乾物ドライカレーパンプロジェクト 講座in横浜市青葉区by藤田圭子さん

1月18日(日)、横浜市青葉区にて、乾物ドライカレーパンプロジェクトに協力してくれている藤田圭子さん(K's Flavor)を講師に迎えて講座を開催。大好評でした。


出張講座にも応じてくれるそうなので、興味のある方はぜひ藤田さんにお声がけください。
パワースコーンの講座にご参加の場合、その参加費の一部が乾物ドライカレーパンプロジェクトを通じて内モンゴルの緑化に役立てられます。

まずは藤田圭子さんによる乾物ドライカレーパン「パワースコーン」のデモから開始
まずは藤田圭子さんによる乾物ドライカレーパン「パワースコーン」のデモから開始
続きを読む 0 コメント

2015年

1月

16日

幼稚園ママたちの反応が嬉しい!

乾物商社・下田商事様(最寄り駅:落合)のテストキッチンを会場に、地元の幼稚園ママたち対象のお気軽乾物料理教室を開催。今回が3回目となりました。
「1回目2回目に習ったものをもう何度も作りました」、「子どもたちにも大好評でした!」などのお声をいただき、ほんとうに嬉しい今日でした。

今回のメニューは以下。
乾物カレー(きくらげ、車麩、高野豆腐、干瓢、乾椎茸、花切り大根)
干し大根4種の野菜&ゴマドレッシング
ベトナム風スイーツ「チェー」(きくらげ、すき昆布、レッドレンティルとバナナ)

具は乾物のみ。水ではなく干し大根の戻し汁を使って煮ます
具は乾物のみ。水ではなく干し大根の戻し汁を使って煮ます
続きを読む 0 コメント