2014年のブログ

2014年

12月

18日

対馬の伝統乾物「せん」を食べてみた

対馬在住の島おこし恊働隊の佐藤雄二さんから、先日、対馬の伝統乾物「せん」をいただいた。

この「せん」、さつまいもから取り出したでんぷんを粉にしたものなのだという。

いただいたのは3種類。どれも水を加えるとすぐに水を含む。
いただいたのは3種類。どれも水を加えるとすぐに水を含む。
続きを読む 0 コメント

2014年

12月

14日

乾物ドライカレーパンを食べながら砂漠緑化について知る会@CASEギャラリー

12月13日、代々木上原のCASEギャラリーをお借りして、乾物ドライカレーパンプロジェクトのイベントを開催、約30名のご参加をいただきました。

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

11日

1月からの自由大学「乾物のある生活」はこんな場所で!

2011年から続けて10期を重ねた自由大学の「乾物のある生活」
年あけから11期。ありがたいことに早々に満席になりました。

が、以前の自由大学キャンパスよりちょっと広めの会場のため、定員を若干名増やすことも検討中です(ウェイティングを受付中です)。

原宿or明治神宮前からも徒歩数分のIKI-BAが会場。干し柿が吊るされていました!
原宿or明治神宮前からも徒歩数分のIKI-BAが会場。干し柿が吊るされていました!
続きを読む 0 コメント

2014年

12月

07日

乾物ドライカレーパンを食べながら砂漠化とその緑化の現状を知る@緑泉寺

12月2日、西浅草にある緑泉寺でイベントを開催しました。
乾物ドライカレーパン2種を召し上がっていただきながら、内モンゴルの砂漠化の現状とその対策について、現地で20年以上緑化活動に携わっている(社)地球緑化クラブの原鋭次郎氏にお話いただくこの会、30名を超すご参加をいただきました。

緑泉寺住職・青江覚峰氏。お寺の食事と乾物の関係についてお話いただきました。
緑泉寺住職・青江覚峰氏。お寺の食事と乾物の関係についてお話いただきました。
続きを読む 0 コメント

2014年

11月

05日

口に入れるとライチの香りが広がる台湾産乾燥ライチをいただきました

珍しい乾燥ライチをいただきました。
添加物はもちろん砂糖も加えず、ただライチを乾燥させただけ。

じっくり1ヶ月かけて乾燥させているからか、香り豊かで甘みも濃厚です。
ライチにの中でも、「糯米」という、深い味わいが特徴の品種だけを使っているのだとか。
初めて食べました。

意外に簡単に皮がむけ、中身もベタつかない。口に入れるとライチの香りがいっぱいに
意外に簡単に皮がむけ、中身もベタつかない。口に入れるとライチの香りがいっぱいに
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

29日

お寺がプロデュース、「手焼き 善立寺小町麩」

先日打ち合わせで訪れた、西浅草にある緑泉寺
お寺ごはん」の著書でも知られる青江覚峰さんが住職をつとめています。

青江さんから「これ、使ってみてください」と渡されたのが「手焼き 善立寺小町麩」。

足立区にある善立寺住職が開発したのだそうです。

小町麩は、鍋もの、味噌汁、吸い物、煮物などに、戻さずそのまま加えることができます。パッケージの絵は善立寺。
小町麩は、鍋もの、味噌汁、吸い物、煮物などに、戻さずそのまま加えることができます。パッケージの絵は善立寺。
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

28日

[乾物ドライカレーパンプロジェクト]出張パン教室@横浜市 第二回by小野塚順子さん

10月27日(月)、横浜市青葉区のDRYandPEACEにて、北区赤羽でパン教室「マリヌス・セカンド」を主宰する小野塚順子さんに、出張パン教室を開催していただきました。

この質感はコーンミールをまぶしているから。色はターメリック(ウコン)。焼き上がりです!
この質感はコーンミールをまぶしているから。色はターメリック(ウコン)。焼き上がりです!
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

23日

乾物ドライカレーパンプロジェクト、出張教室in横浜市青葉区第一回by鈴木なお子さん

乾物ドライカレーパン1個につき10円を寄付していただき、内モンゴルの緑化に役立てる「乾物ドライカレーパンプロジェクト」。

パン教室として一番に参加してくれたのが、atelier705(調布)の鈴木(結城)なお子さん。10月23日、なお子さんに横浜市青葉区で出張のパン教室を開いていただきました。

まわりはサクサク、中はもちフワ、カレーパンの中身の乾物は、大根、にんじん、ひじき、ごぼう、椎茸と野菜がたっぷり
まわりはサクサク、中はもちフワ、カレーパンの中身の乾物は、大根、にんじん、ひじき、ごぼう、椎茸と野菜がたっぷり
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

20日

第一回は「醤油味からの脱皮」乾物講座開催してきました

10月17日、落合にある老舗の乾物商社、下田商事様にて、地元の幼稚園ママたちを中心に、乾物講座の第一回を開催させていただきました。


今回のテーマは「醤油味からの脱皮」。

米粉で作るパンケーキ。具は干しわかめと打ち豆。
米粉で作るパンケーキ。具は干しわかめと打ち豆。
続きを読む 1 コメント

2014年

10月

12日

FOOD LOSS CHALLENGE 2014でワークショップ開催

10月11日(土)、東京農業大学(世田谷)で行われたFOOD LOSS CHALLENGE 2014というイベントで、「乾物EVERYDAY」と冠して3時間のワークショップを担当させていただきました。

乾物の作り方を説明し、皆さんに実際にやっていただきました
乾物の作り方を説明し、皆さんに実際にやっていただきました
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

09日

乾物ドライカレーパンプロジェクト、新たな協力パン教室K's Floavor

乾物ドライカレーパンプロジェクト、数ヶ月前からご協力いただいているパン教室マリヌス セカンドの小野塚さんからのご紹介で、横浜の希望ヶ丘と自由が丘を中心にケーキやパンを教えているK's Flavorの藤田圭子さんが、あらたに乾物ドライカレーパンプロジェクトに協力してくださることになりました。

アマランサスやヒヨコ豆などが入ったカレー味の「パワースコーン」。とっても美味!
アマランサスやヒヨコ豆などが入ったカレー味の「パワースコーン」。とっても美味!
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

08日

鳴門の炭干しわかめ、この14年で生産者数が1/5に!

鳴門の「灰干しわかめ」を初めて食べた時、その食感に驚いた。

灰干しわかめとは、草木灰をまぶしてから天日で干し、灰がついたまま製品とする乾物。江戸時代からの伝統の製法だ。

常温で1年以上保つことができる上、 灰によって太陽光が遮断されることでクロロフィルの分解が抑えられるために実現する鮮やかな緑色、灰に含まれるカルシウムの効果による歯ごたえの良さ、加熱処理が不要なために残るワカメ特有の香りで、素干しや湯通しのわかめを上回る。

 

ところが、平成12年1月に施行されたダイオキシン対策法で、 灰干しわかめに使用する灰をつくる小型焼却炉が規制の対象になったため、良質の灰の確保が困難になり、 また風評被害を恐れた県が製造禁止を求めた。そこで生産者は、灰干しならぬ炭干しの技術を産み出した。

ワカメのライタ(インド風ヨーグルトサラダ)灰干し、炭干しらではの食感が嬉しい
ワカメのライタ(インド風ヨーグルトサラダ)灰干し、炭干しらではの食感が嬉しい
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

07日

高野豆腐を細かくした「そぼろ豆腐」は挽肉がわりによい?

高野豆腐の生産日本一は長野県。
高野豆腐は、寒冷地で、夜の寒さで凍らせ、昼には溶ける、を繰り返すことによって作られてきた乾物です。

たまたまテレビをつけたら高野豆腐をあらびきの挽肉の大きさに加工した「そぼろ豆腐」が紹介されていました。

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

05日

「麩のとんかつ粉」には、余計なものが含まれていない

金沢のひがし茶屋街にある麩の宮田で、「麩のとんかつ粉」を見つけた。
毎月ゾロメの日にFacebook上で開催している「集まらない乾物パーティ」で、どなたかが投稿してくれたのを記憶していたので、思わず手にとってみた。

パン粉と同様に、フライに、またハンバーグやつくねなどのつなぎに使う
パン粉と同様に、フライに、またハンバーグやつくねなどのつなぎに使う
続きを読む 0 コメント

2014年

10月

01日

[お気楽乾物づかい]桜エビで色合いプラス

ニラの花も咲き、シーズンもそろそろ終わり、というわけで定番ニラタマ。

炒める時に桜エビをプラスすれば、その色がアクセントに。

もちろん風味も加わります。
乾物は地味、じゃないのです。

桜エビは戻さずそのまま使えて便利
桜エビは戻さずそのまま使えて便利
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

30日

スライス干し椎茸と丸の干し椎茸を両方使っている人はどうも少ないらしい

ちょっと前に干し椎茸を扱う仕事をしている方から、「丸のままの干し椎茸を使う人はスライスの干し椎茸を使わない方も多いんです。で、スライスを使う方は丸を使わない、っていう面白いデータがあるんです」というお話を伺いました。

私はどちらも使っているのですが、身近な人にきいてみると確かにそういう傾向が、、、。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

27日

寒天テリーヌの会&電子書籍発売「寒天でテリーヌ terrine」

9月26日(金)夜、原宿のCOOK&Coにて、角(棒)寒天を使って作るテリーヌの会を開催。満員御礼16名の参加をいただきました。

 

7月23日に角寒天の生産地、長野県茅野市で開催した「天然寒天で作るテリーヌ!テリーヌ!」のために試作をするうちに、私たち自身が角寒天の魅力に目覚め、さらにレシピを追加して、20種のテリーヌレシピを含む電子書籍「寒天で テリーヌ terrine」を発売開始しました。

参加者の方が撮影してくれました
参加者の方が撮影してくれました
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

26日

時短料理でも「のし菊」で気分アップ

夜のイベントにむけての仕込みで忙しい中、昼に時間はかけられぬ。

とはいえ、ここできっちり食べないとパワーが出ない。

というわけで、朝からランチをどうするかをイメージ&準備。

のし菊をトッピング
のし菊をトッピング
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

21日

小説「銀二貫」は寒天話

茅野市の諏訪東京理科大学の地域連携センターのコーディネーターのKさんにホテルまで送っていただく際に「『みをつくし料理帖』を書いた作家さんの『銀二貫』という小説は、寒天がテーマなんですよ」という話をきいた。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

19日

ピンクのテングサたち

長野県茅野市の松木寒天産業(株)さんに伺ってきました。

12月中旬から2月中旬のマイナス15度〜20度にもなる寒さの中でなければ作れない、天然の角寒天を製造する会社です。

会社の建物を入ると売り場があり、さまざまな寒天が売られています。その中に、寒天の主な原料であるテングサが産地別に並べられていました。

テングサは紅藻類
テングサは紅藻類
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

17日

電子書籍「寒天でテリーヌterrine」制作中!

角寒天を使って作るテリーヌのレシピ20品をまとめた電子書籍「寒天テリーヌterrine」の制作中です。9月25日発売開始予定で動いています。

作り方を3つの基本パターンにわけることで、応用も自在。

「こんなに簡単に作れてしまう?」と驚いていただける寒天テリーヌのレシピ集になりますよ〜。

乞うご期待!

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

16日

涼しくなってくると作りたくなる常備スイーツ?

涼しくなってくると赤ワインもおいしく感じられますね。
というわけで(?)今回ご紹介する乾物はシチュー・ド・プルーン。
赤ワインが残ってしまった、という時には是非作ってみてください。

プルーンは苦手、という人も、これならおいしいということも少なくありません。
レシピはこちらをご参照ください。

オレンジとシナモン、そしてワインの香り
オレンジとシナモン、そしてワインの香り
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

15日

また「ダルス」に会いました!海藻、もっと研究する価値がありそうです

9月末で閉店、香港に進出する「ごでんや」さんにて会食。
その一皿目は、「毛ガニとラフランスの前菜」でした。
そこに「海の香りを強調したくて」とふりかけてあったのが、フランス産だという「ダルス」。暗紅色の海藻です。

続きを読む 1 コメント

2014年

9月

13日

乾物ドライカレーパンプロジェクト出張教室@横浜始動

乾物ドライカレーパンプロジェクトにご協力いただいているパン教室さんに、横浜市青葉区のDRYandPEACEのスペースにて出張パン教室を開いていただくことを決定!10月にスタート予定です。

カレーパンと一口にいっても、形も具もいろいろ!それぞれのパン屋さん、パン教室さんの個性が光ります
カレーパンと一口にいっても、形も具もいろいろ!それぞれのパン屋さん、パン教室さんの個性が光ります
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

12日

生薬として古くから使われてきた金針菜、気軽につかってみませんか?

20代の頃から、金針菜は好きな乾物でした。
ヤブカンゾウというユリ科の蕾を干したもの。
中国では古くから生薬として使われてきました。

 

薬膳では「入眠作用、自律神経調整作用、抗ストレス作用、抗痴呆作用、造血作用等」があるといわれているとのこと(漢方薬局さんによる)。

これは思わず注目!です。

金針菜と牛肉の炒め物(写真をクリックするとレシピにとびます)
金針菜と牛肉の炒め物(写真をクリックするとレシピにとびます)
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

11日

毎月ゾロメは、集まらない乾物パーティ

2012年から毎月ゾロメの日に、Facebook上で「集まらない乾物パーティ」を開催しています。

世界どこからでもFacebookに繋がってさえいれば参加できるヴァーチャルパーティです。

今までで一番衝撃的だった投稿(笑)干したカスベ。新潟で乾物店を営む女性からの投稿。長さ1mにも及ぶとのこと。
今までで一番衝撃的だった投稿(笑)干したカスベ。新潟で乾物店を営む女性からの投稿。長さ1mにも及ぶとのこと。
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

09日

菊のり、料理に色を添えたい時に便利ですよ〜

9月9日は重陽の節句。菊を賞でる会を催したり、菊酒を飲んだりという風習があります。

菊の乾物に「菊のり」があります。のし菊と呼ばれることもあります。

産地は山形が多いようです。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

08日

食べたい!から20分で玄米粥!

食べたいな、と思ってから10分水に浸して10分コトコト。
玄米粥ができてしまいました!

粒の食感もおいしいわじまの海塩を散らしていただきま〜す!
粒の食感もおいしいわじまの海塩を散らしていただきま〜す!
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

07日

こんな寒天テリーヌを作りました

講師を招いての講座。その後、みんなで講師を囲んでのランチの前菜にこんな寒天テリーヌをお出ししました。

朝仕込んであら熱がとれたところで冷蔵庫に。

私自身も講座をしっかり楽しみ、終わったところで切り分ければOK。
他はオーブン料理のメインとサラダだったので、お気楽お気楽。

お客様をする時、台所に立ってばかりだと気を使わせてしまうし、お客様をする一番の楽しみはともに時間を過ごすこと。その輪に入れないのは残念すぎます。

というわけで、寒天テリーヌ、今日も大活躍!

9月下旬、ほぼテリーヌばかりの寒天料理の電子書籍、発売予定です!

鮭のテリーヌとタコとセロリのテリーヌ
鮭のテリーヌとタコとセロリのテリーヌ
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

06日

なす干しを作ろう

「なす干し」
山形県出身の方には馴染みある響きかもしれません。

でも実は山形以外ではあまりお目にかからない乾物でもあります、と山形の人にいうと驚かれます。

茄子は、日本全国どこででも栽培できる(と思う)野菜なのに、なぜかこれを乾物にする地域はとても限定されているようなのです。

ちなみに、山形の人は「干しなす」ではなく「なす干し」と呼ぶようです。

酢水につけてアク抜きしてから水気を拭き取り、干す
酢水につけてアク抜きしてから水気を拭き取り、干す
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

06日

ドライフルーツ好きはぜひ

ドライフルーツ大好きなDRYandPEACEが、か・な・り!気に入っているのがコレ。

砂糖はまったく加えず、ドライフルーツの甘みのみ(ドライフルーツは、選ばないと、そもそも砂糖が入ってしまっているものもありますが)。

食後のデザートとしても(食後酒とともに、でも、珈琲とでも)、食事の前菜として白ワインとともに、という両刀使いができるのも魅力。

 

クリームチーズベースにドライフルーツやナッツを練り込み、寒天で固めたもの。マスカルポーネを使えば味はさらにアップ。

今月中に発売予定の電子書籍にてレシピ公開します。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

05日

干しタコはなぜ関東にほとんどないのでしょう?

初めて広島おみやげにいただいたのが3年ほど前。
関東生まれ育ちのDRYandPEACEの二人にとっては初めての干しダコ。

 

鋏で適当に切ってご飯にただ炊き込めば、うっすら綺麗なピンク色に炊きあがります。タコの旨味もたっぷり。

好みで生姜や万能ねぎを刻んでのせても。

干しタコ、西の人たちにだけ独占させるなんてもったいない!と思うのです。

これは小さなもの。大きな干しダコはお祝いに送ったりもするらしい
これは小さなもの。大きな干しダコはお祝いに送ったりもするらしい
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

04日

「まずは冷蔵庫」→「まずはザルの上!」

野菜を買ってくると「まずは冷蔵庫」。

これ、ふつうの行動だと思います。

でも、これからは、野菜を買ったら「まずザルに広げる」というのはいかが?

自家製乾物づくりは、体積あたりの表面積が大きいほど失敗しにくい
自家製乾物づくりは、体積あたりの表面積が大きいほど失敗しにくい
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

04日

エコマム連載vol.42はタピオカ!

エコマム(日経BP社)さんでの連載「社会派レシピスト サカイ優佳子の乾物で世界をもっとPEACEに!vol.42

今回のテーマはタピオカ!です。

ほんとうに簡単にタピオカを茹でる方法を見つけてから、こんなデザートも家で簡単に作れるようになりました。

だ〜いすきなタピオカ入りココナッツミルクも、これで食べまくれます(笑)
だ〜いすきなタピオカ入りココナッツミルクも、これで食べまくれます(笑)
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

03日

角寒天でテリーヌ、広がる楽しさ!

7月に長野県茅野市で開催した「天然角寒天で作るテリーヌ!テリーヌ!」という料理デモンストレーション&試食のイベントの後、寒天で作るテリーヌの楽しさに目覚めてしまいました。

そんなわけで、今日試作したものはこんな感じ。

寒天でいろいろテリーヌ
寒天でいろいろテリーヌ
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

02日

アウトドア派の方注目!乾物は軽いし、常温保存が可能です

乾物は家でも重宝ですが、実はアウトドアでもその威力を発揮!
なにせ軽い。何泊かのキャンプでも保冷ボックスに入れておく必要もなく便利!
自由大学「乾物のある生活」10期に参加してくれた穴吹さんのブログにもその実例が紹介されています。

涼しくなってくる秋は、山歩きやキャンプが気持ちいい季節です。

水を注いで火にかけるだけ。最高20人分を大鍋で作ったこともあります。
水を注いで火にかけるだけ。最高20人分を大鍋で作ったこともあります。
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

01日

J-waveにてDRYandPEACEの乾物キットをご紹介いただきました

本日オンエアされたJ−Wave I A.M.に、天王洲アイルにあるTerra Cafe Bar店長 渡辺まりえさんが登場。お店で扱っていただいているDRYandPEACEの乾物キットのご紹介をいただきました(他、販売店舗、扱っていただいている通販サイトについてはこちらでご紹介しています)。

Terra Cafe Barは保存をテーマにしたコンセプトショップ。乾物以外にもさまざまな保存食が並びます。


渡辺さん、ありがとうございました!

保存食として、またアウトドアでも重宝する乾物キット3種、スープ、カレー、パスタ。是非使ってみてください。

Terra Cafe Barさんにて販売中!
Terra Cafe Barさんにて販売中!
続きを読む 0 コメント

2014年

9月

01日

伊勢物語にも登場!「干し飯」を現代の食卓にも活かしたい

ある方が、広島の「やきごめ」についてFacebookに投稿していらしたのを受けて、「干し飯(ほしいい)」について少し。

お湯をかけて数分おけばすぐに食べることができる
お湯をかけて数分おけばすぐに食べることができる
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

22日

8月23日,24日は玉川高島屋グリーンマーケットへ!

8月23日(土)24日(日)に開催される玉川高島屋グリーンマーケットに出店する「おいしいばあば」にて、DRYandPEACEの乾物キットを販売していただきます。

「おいしいばあば」代表者の増田久美子さんが扱う野菜や果物、米は、生産者限定の有機栽培のものが中心。「より安全で確かなもの 美味しいものを納得できる価格で」 をモットーに20年ネット販売を続けてきているお店です。

 

冷房もきいて涼しいマルシェです。ぜひおでかけください!

7月のグリーンマーケットで売り場に立つ増田久美子さん
7月のグリーンマーケットで売り場に立つ増田久美子さん
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

21日

1名から開催!乾物ドライカレーパン体験レッスン@マリヌス・セカンド

7月、8月と高きびと乾燥ほうれんそうを使った乾物焼きカレーパンのレッスンを実施し、プロジェクトに協力してくださった北区赤羽のパン教室「マリヌス・セカンド」の小野塚順子さん。

好評につき、新たに体験レッスンの企画をしてくださいました。

1名より開催。

小麦ふすまを使った「ふすまパン」

乾物焼きカレーパン(卵もバターも不使用)

参加費4000円。

詳細、お申し込みはこちらのリンクをご覧ください。

7月のレッスンに参加したKさんのレポートはこちらをご覧ください。

7月に参加したKさん撮影のレッスン風景写真
7月に参加したKさん撮影のレッスン風景写真
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

20日

マリヌス・セカンドさんが乾物ドライカレーパン教室を開催してくれました

7月に続いて、北区赤羽でパン教室「マリヌス・セカンド」を主宰する小野塚順子さんが、8月13、14の二日間、乾物焼きカレーパンを教室で教えてくださいました。

小野塚さんは、DRYandPEACEの乾物ドライカレーパンプロジェクトの趣旨に共感してオリジナルの乾物焼きカレーパンを開発。干したほうれんそうと高キビを使用。バターも卵も使わない乾物焼きカレーパンは色も黄色くてとってもきれいです。

干したほうれんそうと高キビ入りの焼きカレーパン
干したほうれんそうと高キビ入りの焼きカレーパン
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

18日

無漂白の干瓢だと一手間省けることを発見!

干瓢は洗う→塩揉み→数分茹でるという下ごしらえ、と思い込んでいました。

ふと、なぜ塩揉みするのかな?と調べてみたら、漂白剤を落とすためとのこと。

 

なんと!

続きを読む 0 コメント

2014年

8月

13日

マークイズにて乾物キット3種販売中です!

みなとみらいにあるマークイズ(横浜美術館隣)。

こちらの地下B1の「ベジキッチン」にて、DRYandPEACEがレシピ提供し、三軒茶屋の老舗乾物店、足立商店さんに作っていただいている乾物キット3種(スープ、カレー、パスタ)を販売していただいています。

10月まで販売していただける予定です。

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りください!
(横浜トリエンナーレにお越しの際などには是非!)

マークイズのB1ベジキッチンさんにて販売中!
マークイズのB1ベジキッチンさんにて販売中!
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

12日

ネット通販サイトSWEETS AIDにて乾物キット販売開始

高知での講座の際に知り合った(株)禾(ノギ)の中條淳子さん。
アレルギーを持つお子さんたちもおいしく楽しくお菓子を口にできるように!と米粉を使ったお菓子を中心に製造販売していらっしゃいます。

 

そんな中條さんが展開する通販サイトSWEETS AIDにて、DRYandPEACEの乾物キット3種(カレー、スープ、パスタ)を扱っていただけることになりました。

 

甘酒ジェラートやケーキ類、クッキー類など、原材料がすべて表示されているので、アレルギーを持つお子さんを持つお母さんには強い味方!

 

乾物キットのみならず、是非ご利用ください。

続きを読む 2 コメント

2014年

8月

11日

タピオカが5分で茹だっちゃった!

子らが小さい頃、タピオカを使ったスイーツを作ろうと、まだ当時あまり日本では出回っていなかったタピオカをネットで購入し、そこに書いてあるとおりに1時間半茹でてみたのですが、芯が残ってうまくいかず。

 

結局そのまま封印していたのですが、、。

1時間半も茹でなくてはいけないの???
1時間半も茹でなくてはいけないの???
続きを読む 0 コメント

2014年

8月

03日

長野県茅野市で角(棒)寒天で作るテリーヌの講座を開催してきました

長野県茅野市といえば、角(棒)寒天の産地。

7月23日、長野県寒天水産加工業協同組合様からのご依頼で、角(棒)寒天を使った料理をご紹介する講座を開催してきました。

当初50名の予定だったのが、蓋をあけてみれば170名もの参加。嬉しい悲鳴でした!

ポテトサラダを寒天で固めてみると、ツルンとした食感に
ポテトサラダを寒天で固めてみると、ツルンとした食感に
続きを読む 0 コメント

2014年

7月

16日

簡単手軽で見栄えはバッチリ!寒天テリーヌ、最終試作中

7月23日、角寒天の産地、長野県茅野市にて角寒天を使ったテリーヌの講習会を開催します。
当日試食用に作るのは8種、デモ3種。

難しそう、と思う人も多いであろうテリーヌ。

DRYandPEACE的に、3つの手法に分類。

これでとっても簡単に、いろいろ応用してテリーヌが作れること請け合い、です。

ジャンボンペルシエ風寒天テリーヌ
ジャンボンペルシエ風寒天テリーヌ
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

25日

寒天テリーヌ、今日も試作中!

今日もやってます。
寒天テリーヌの試作。

ベースの作り方とそれをどう応用するか、なんぞ考えつつ、いろいろ遊んでいます。

続きを読む 3 コメント

2014年

6月

24日

新潟の笹だんご、本来はオヤマボクチを使っていた!

新潟の笹だんごをおみやげにいただいた。

笹だんごの中身は、ふつうヨモギを練り込んだおだんご。
ところが、こちらは山ごぼうの葉を使っている、とのこと。

山ごぼうの葉!
長野県飯山市の富倉そばのつなぎのオヤマボクチのこと?と思い調べてみた。

新潟のおみやげの定番、笹だんご
新潟のおみやげの定番、笹だんご
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

20日

角(棒)寒天の試作、今日もやってます

角(棒)寒天の試作、こんなにいろいろ使えるなんて!と、

やっている私たちが興奮気味。

 

寒天のまとめる力、恐るべし!

 

寒天には、実は食材を長持ちさせる力もあるのだと知りました。

だから市販のお弁当にもよく使われるのですね。

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

19日

角寒天の、簡単で新しい活用のしかたを考えてみようと思います

角寒天、あるいは、棒寒天。

以前、ある女子大生から、角寒天を見て「これ何ですか?」と尋ねられたことがあります。そのくらい、今は家庭で角寒天を使わなくなってきているのでしょうか。

角寒天あるいは棒寒天
角寒天あるいは棒寒天
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

09日

干し筍は、何故全国区ではないの?

筍の乾物があるってご存知ですか?

数年前に福岡の柳橋でみつけてから、すっかりファンになりました。

たっぷりの水とともに火にかけ、沸騰したら火を止めてそのまま一晩おいて戻します。

戻した筍は、煮物にも炒めものに、様々な料理に使えます。

その独特の歯ごたえがたまりません。、

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

08日

乾物キット、気に入って販売してくださる方が増えてきました

三軒茶屋の老舗乾物店、足立商店さんにお願いして、DRYandPEACEのレシピで乾物キットを3種類作っていただいています。

ありがたいことに、召し上がった方々から「おいしい」「手軽」とご好評いただき、最近問合せが多く、また、扱ってくれるお店もでてきました。

スープキット。これを水とともに鍋に入れて15~20分ほど煮だせば、塩胡椒だけで十分おいしいスープの出来上がり
スープキット。これを水とともに鍋に入れて15~20分ほど煮だせば、塩胡椒だけで十分おいしいスープの出来上がり
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

07日

夏ミカンピール

無農薬の夏ミカンの皮。分厚くて美味しそうなので夏ミカンピールに。

砂糖で煮てから乾燥させて、、と保存技の二段重ね。

砂糖を使うことも乾燥させることも水分活性値を下げる働きがあり、保存性を高めるのに有効な方法です。

 

続きを読む 0 コメント

2014年

6月

05日

乾物ドライカレーパンプロジェクト 37パンさんの教室風景

4月半ばに乾物ドライカレーパンプロジェクトについてお問い合わせくださった沖野早苗さん。

その後、オリジナルの乾物ドライカレーパンを開発し、5/30に都内で乾物ドライカレーパンの作り方を教える教室を開催してくださいました。

具につかった乾物はヒヨコ豆、切干大根、干し椎茸。切干し大根の活用に皆さん驚かれていたとか。
具につかった乾物はヒヨコ豆、切干大根、干し椎茸。切干し大根の活用に皆さん驚かれていたとか。
続きを読む 1 コメント

2014年

6月

05日

「炒米」@内モンゴル。日本でもあれば、、、

内モンゴルの「炒米」。

大豆と(中国の長粒米の)餅米を炒りあわせたものが入っています。

現地では磚茶(通称レンガ茶)とよばれるお茶に入れたり、ヨーグルトと混ぜたりして食べるようです。

また奶茶と呼ばれる内モンゴルのミルクティー(普通は塩味。これがなかなかマル)のお供でもあるそうです。

炒米をヨーグルトにトッピング
炒米をヨーグルトにトッピング
続きを読む 0 コメント

2014年

6月

04日

「エコマム」連載更新!お麩でギリシャ料理作っちゃいました

日経BP社会「エコマム」さんのサイトでの連載「社会派レシピスト サカイ優佳子の『乾物で世界をもっとPEACEに!』」第36回は、

お麩でタラモサラタ

お麩でギリシャ料理、作っちゃいました!

続きを読む 0 コメント