DRYandPEACEブログ〜自家製乾物作り編〜

2019年

3月

14日

自家製乾物はズボラスタイルで

野菜を家で干すようになってから、

野菜を無駄にすることがほとんどなくなりました。

 

随分丁寧な生活している??

いえいえ、結構ちゃらんぽらんでいけちゃうんです。

300円の網に入れて
300円の網に入れて
続きを読む 0 コメント

2019年

1月

13日

パスタの別茹で不要!乾物パスタはメリットいっぱい

昨日のブログで、

水を一滴も捨てないで作れるパスタの話を近日中に、と書いたら、

「楽しみにしています」とのお言葉をいただいたので、

出し惜しみせずに(笑)、早速書くことにします。

以前、作り方のデモをしたら、それを見ていた20代の男性が、
「これなら朝からパスタ作る気になります」

と言っていました。

さて、その作り方とは、、。

大鍋いっぱいの乾物パスタ。使ったのは全て乾物。パスタ別茹で不要
大鍋いっぱいの乾物パスタ。使ったのは全て乾物。パスタ別茹で不要
続きを読む 0 コメント

2019年

1月

12日

エノキダケを干すと、いいことあれこれ

先日、ブログで鍋に干しえのきを入れることについて書いたところ、

もう少し詳しく教えてほしいと言うお声をいただきました。

 

なので、今日は干しえのきについて。

しっかり乾燥したエノキダケ
しっかり乾燥したエノキダケ
続きを読む

2019年

1月

09日

自家製乾物秘密箱

今週月曜日が、旧暦の12月1日。

本格的に寒くなってきましたね!


というわけで、登場回数が増えるのが、お鍋。

我が家も昨夜は、豚しゃぶを楽しみました。

人参とえのきと椎茸は家で干しておいたもの
人参とえのきと椎茸は家で干しておいたもの
続きを読む 0 コメント

2018年

12月

28日

買いすぎちゃったな、じゃあ、干しちゃいましょう!

ふとしたことで人参を買い過ぎてしまいました。

ちょうど天気もいいし、さて干しますか。

乾物作りは夏と思っている人も多いようですが、
空気が乾いて晴天が多い関東では、冬は乾物作りの適期なんです。


雪深い地域では、

ストーブの前に置いておくとすぐに乾くという方もいらっしゃいます。

いろいろな形に切った人参を干しています
いろいろな形に切った人参を干しています
続きを読む 0 コメント

2018年

12月

22日

もしもの時のお助け箱

病み上がりであまり食欲もなく、

買い物にわざわざ出る気にもならないし、今夜は一人だし、

具だくさんのスープで夕飯にするかなと思い、「お助け箱」をあけました。

野菜をちょっと多めに買ってしまった時などに、

ついで仕事で干しておくと、こういう時に便利なのです。

自家製の野菜の乾物が10種類以上保管してあるのです
自家製の野菜の乾物が10種類以上保管してあるのです
続きを読む 0 コメント

2018年

11月

01日

寒い朝には、包丁いらずの乾物スープ!

関東は今朝の最低気温10度。この秋一番の冷え込みとか。
これから朝がだんだん寒くなってきますね。

 

これからの季節の朝食には、温かい一品があるといいスタートが切れそうです。

 

とはいえ、朝食作りにそうそう時間はかけられません。

そこで、包丁いらず、鍋一つで作れるスープをご紹介。

最後に散らした青み以外は全て乾物、包丁不要
最後に散らした青み以外は全て乾物、包丁不要
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

31日

干しごぼうは便利!

先日、あるお店で牛すじ肉とごぼうのデミグラスソース煮込みを食べました。
ごぼうの味がデミグラスソースともよくあって、とても美味しくいただきました。

「ごぼうを食べる国は他にほとんどない」とも聞きますが、フランスの片田舎に住んでいた時にセルフィシーと呼ばれる西洋ごぼうを扱う八百屋さんが一軒だけあり、そのセルフィシーを使ってきんぴらごぼうを作って日本の味を懐かしんだ記憶があります。


セルフィシー、フランスではどうやって食べるのか、聞いておけばよかったと悔やまれます。

千切りと斜め薄切り
千切りと斜め薄切り
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

29日

干した野菜で包丁いらず、鴨の小鉢

先日、撮影のために、大量に野菜を干したので、日々せっせと使っています。

先日はこんな感じ。
和食の一汁三菜の中の一つにこんな小鉢を。

鴨といろいろ乾物の炒め煮
鴨といろいろ乾物の炒め煮
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

28日

倒れそうだから野菜を干す??

先日、樹のソムリエで自家製乾物作り講座を受講してくれたMさんから、干した野菜の写真が届きました。

 

お子さんが発熱し、「具合が悪くなりそう〜と思ったので、使おうと思っていたナスを干しました。無駄にしないで済みました。」

す、すごい!

寝込む前に干しちゃったんだそうです。

続きを読む 0 コメント

2018年

10月

25日

動画撮影のために野菜をたっぷり干しました!

昨日は、自家製乾物作りをより多くの方にお伝えするための動画の撮影をしていました。


そのためには、さまざまな野菜を干しておかなくては!と、ちょうど晴天が続いたこともあり、頑張りましたよ〜!

 

普段はこんなにたくさん一気に干すことはさすがにないですが。

21種類の野菜の乾物。全部自然乾燥です。
21種類の野菜の乾物。全部自然乾燥です。
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

23日

柿をたくさんいただいたので柿チップスに!

柿が実る季節になりました。
食べきれないほどの柿をいただいたので、干してみようと思いました。
いわゆる「干し柿」も大好物なのですが、ただスライスして干すだけの干し柿も実は美味。

そして何より簡単!

スライスした柿を干しています
スライスした柿を干しています
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

22日

「なす干し」の真実

山形では、当たり前のように食べられている「なす干し」。

と思っていたら、先日、山形駅のすぐ近くのご出身という方から「聞いたこともありません」と伺い、ちょっと驚きました。

山形に仕事で伺うことが何度となくあり、なすを干したものを味噌汁に入れたり、炒め煮にしたりするのが当然と聞いていたもので。

そんな話をしたら、「島根でも、普通になすを干して売ってますよ」との情報をいただきました。

ナスを縦に薄く切って干しました
ナスを縦に薄く切って干しました
続きを読む 0 コメント

2018年

10月

19日

自家製乾物作り講座@樹のソムリエ

10月16日、樹のソムリエにて、自家製乾物作り講座を開催しました。

日本の食品ロスは、日本人が食べている魚介の総量と同じほど出ています。

その半分が家庭から!

その中でも多いのが野菜が多い!

 

となれば、野菜を無駄なく美味しく食べきるために「乾物」にするというチョイスは理にかなったもの。

そして、それだけではない思わぬメリットもあるのです!

鶏肉と車麩、プルーンとスパイス。そこに干し野菜をそのまま投入して作るモロッコ風シチュー
鶏肉と車麩、プルーンとスパイス。そこに干し野菜をそのまま投入して作るモロッコ風シチュー
続きを読む 0 コメント

2018年

9月

11日

自家製乾物作り講師、新たに5名誕生!

第二回自家製乾物作り講師養成講座を開催し、9月11日に新たに5名の講師が誕生しました。

 

自家製乾物作り講座を受講した後、二日間の講座。

短い時間ではありますが、自家製乾物の作り方についてきっちりポイントを抑えて話ができるようになっていただきます。

調理デモンストレーション中
調理デモンストレーション中
続きを読む 0 コメント

2018年

6月

22日

家庭からの食品ロス削減には自家製乾物作り!

政府は、6月19日、食べられるのに廃棄される食品ロスの削減に向け、全体の半分を占める家庭からの食品ロスを、2030年度までに00年度比で半減させると、「第4次循環型社会形成推進基本計画」を閣議決定しました。

今まで、家庭からの食品ロスについては、「買いすぎはやめましょう」「冷蔵庫の中身を見てから買い物に」など、買いものの段階での注意を促したり、余りがちな野菜の使い切りメニューを載せたチラシを配ったり、関係省庁のウェブサイトに貼ったりということが行われてきています。

でも、そもそも買い物から帰ったら、食材を冷蔵庫に「しまう」という行動パターンを変えてみてはどうでしょう?

すぐに使わない分は切ってざるや網の上に並べれば、自宅で簡単に干し野菜が作れます
すぐに使わない分は切ってざるや網の上に並べれば、自宅で簡単に干し野菜が作れます
続きを読む 0 コメント

2018年

3月

05日

自家製乾物作りの講座これから開催していきます!

2015年に国連が発表したSDGs(Sustainable Development Goals)

これをきっかけに、世界中で食品ロスを削減しようという動きが広まってきています。

日本の食品ロスを見てみると、実は家庭からのものが約半分

家庭から捨てられる「まだ食べられる食材」=食品ロスを減らすために、
手軽にできる自家製乾物作りのワザをお伝えしたい!

というわけで、2月28日、有明の会場で、

自家製乾物の作り方&その活用法をお伝えする講座を開催しました。

自家製乾物の作り方、その方法は4種。これを覚えればほぼ全てに応用可能!
自家製乾物の作り方、その方法は4種。これを覚えればほぼ全てに応用可能!
続きを読む 0 コメント

2016年

11月

08日

干しレンコンを作る

干しレンコン、普通には売っていませんが、あまりそうだなと思ったらさっさと乾物にしちゃうが正解です。

皮をむいて薄切りにしたら、酢水に数分さらしてから水気を拭きます。これで準備完了。

普段食べるときには皮をむきませんが、乾物にするときに皮を残すとちょっと黒くなりがちなのでむいています)

自家製干しレンコン
自家製干しレンコン
続きを読む 0 コメント

2016年

10月

12日

冷蔵庫に入れる前に、干してみませんか?

冷蔵庫の片隅で野菜を腐らせてしまった、、、。

そんなことありますよね。
行動を変えることで、無駄をなくすことができちゃうかも?のご提案。
冷蔵庫に入れる前に干しちゃおう!というわけです。
スグ使う分だけ冷蔵庫に、残っちゃうかも?の分は干す。

重ならないように広げて干します
重ならないように広げて干します
続きを読む 0 コメント

2015年

1月

22日

家庭での野菜の乾物づくり、実は簡単なんです〜えのきだけ〜

「野菜が余ってしまうんです」という声をよくききます。

そんな時は乾物にしてしまいましょう。

 

で、まずはえのきだけ。「乾燥えのきだけを食べたらもう生には戻れません」という声もあるほど。隣の人が食べている音がシャキシャキときこえるほどの歯ごたえがたまりませぬ。

続きを読む 0 コメント

2014年

9月

06日

なす干しを作ろう

「なす干し」
山形県出身の方には馴染みある響きかもしれません。

でも実は山形以外ではあまりお目にかからない乾物でもあります、と山形の人にいうと驚かれます。

茄子は、日本全国どこででも栽培できる(と思う)野菜なのに、なぜかこれを乾物にする地域はとても限定されているようなのです。

ちなみに、山形の人は「干しなす」ではなく「なす干し」と呼ぶようです。

酢水につけてアク抜きしてから水気を拭き取り、干す
酢水につけてアク抜きしてから水気を拭き取り、干す
続きを読む 2 コメント

2014年

9月

04日

「まずは冷蔵庫」→「まずはザルの上!」

野菜を買ってくると「まずは冷蔵庫」。

これ、ふつうの行動だと思います。

でも、これからは、野菜を買ったら「まずザルに広げる」というのはいかが?

自家製乾物づくりは、体積あたりの表面積が大きいほど失敗しにくい
自家製乾物づくりは、体積あたりの表面積が大きいほど失敗しにくい
続きを読む 0 コメント

2011年

10月

19日

自作の乾物、いい感じ

自家製乾物
自家製乾物

えのきとしめじ、茄子。

ざるではなく、より通気性のある網にのせて干すのが正解と田平。

山形ではポピュラーな「なす干し」も、関東だとなかなか手に入らず。というわけで、自作。

そのまま干す人、さっと茹でてから、などいろいろやり方はあるようですが、水につけて灰汁抜きしてから干すと色もきれいにしあがります。独特の食感がクセになりそう。

今回撮影で試食してくれたフォトグラファーさんも「これいいですね」とお気に入り。モロッコ風の羊の煮込みに入れてみました。

17 コメント