棒寒天と粉寒天は同じじゃないんです

5月とは思えない暑さに辟易!
な訳で、棒寒天を使ってひんやりスイーツを楽しんでいるここ数日。
寒天にはカラダを冷やす効果があるんですよ〜。

棒寒天1本は8〜10g程度
棒寒天1本は8〜10g程度

棒寒天は真冬の長野県で作られています

ところで、棒寒天を使ったことはありますか?

30代以下の方々の中には、棒寒天を見せても

「これ、なに?」という人が意外に多いのですが、

棒寒天は、自然を利用して作る乾物。

特定の地域でしか作れない貴重なものでもあるのです。

棒寒天は、一般的には

テングサ85%、オゴノリ15%程度の割合で煮溶かしたものを固め、
さらにそれを夜は氷点下、昼間は太陽が降り注ぐ真冬の屋外に
二週間ほど並べて乾かします。

 

原料になるテングサは、長崎県や伊豆、千葉などの海で採取されます。

 

夜には凍って昼には溶けるを繰り返すことで、あのスポンジ状の形態になるのです。
ほとんどが長野県茅野市で作られています。

 

 

一方、粉寒天の多くは、輸入のオゴノリが原料。
固める成分だけを取り出して工場で作られたものなのです。

粉寒天は「固める」という作業にはとてもラクで適しているのですが、
栄養的には棒寒天の方が優秀。

(時と場合で使い分けるといいですね)

海藻サラダミックスなどに入っている糸寒天は、

岐阜県恵那市が主な産地。
こちらは100%テングサで作られたものが多いのです。

棒寒天に15%程度のオゴノリを混ぜるのは、

家庭でもちゃんと煮溶けて使いやすいようにするためとのこと。

棒寒天の失敗しない使い方ポイント

そんな棒寒天ですが、慣れてしまえば、固まりムラができることもありません。
そのポイントは以下。

1)20分以上水に浸けておくこと。

  丸一日浸けておいても問題ありません。

  しっかり戻すことで溶けやすくなるのです。

 

2)戻したあとは、ぎゅっと絞り、分量通りの水に入れてから火にかけること。

  沸騰させてから入れると固まりません。

  (だいたい1本あたり500ccから600cc程度の水に溶かします)

 

3)沸騰するまでは混ぜずに放っておくこと。

 

4)沸騰して溶けたように見えても、そこから弱火にして5分ほどかきまぜ続けること。

茅野市の寒天水産加工業協同組合の女性たちに伺いました。
以上を守れば、失敗なく作ることができますよ。

味もつけずに固めた寒天に、きな粉と黒蜜をかけて
味もつけずに固めた寒天に、きな粉と黒蜜をかけて

上の写真は、特に味もつけずに固めた寒天にきな粉と黒蜜をかけただけ。

きな粉は煎大豆を粉にしたものだし、黒蜜は黒砂糖。

低カロリーでヘルシーなおやつです。

朝ヨーグルトを食べる時に、グラノーラなどと一緒に入れても。

 

意外にこういう食べ方をしない、というご意見をいただきました。
お試しくださいね。

近日予定の講座、イベント

2019年5月30日(木)スタート
(全5回、隔週木曜)連続講座
乾物マジックマスター講座
11:00~13:00
樹のソムリエ(大田区北千束)

参加費 27,500円

(税別、事前振込)

講師 DRYandPEACE

詳細は、こちらをご覧ください。

 

2019年6月1日(土)

乾物カレーの日in仙川
11:00〜12:30

KICK BACK CAFE

参加費 2,000円(食事、ドリンク、馬頭琴ライブ、寄付込み)

お申し込みはこちらから

2019年6月8日(土)満席

自家製乾物作り講座in京都

2019年6月9日(日)満席

自家製乾物作り講座in三宮

2019年6月10日(月)

自家製乾物作り講座in芦屋
12:00〜14:00

講師 DRYandPEACE
詳細、お申し込みはこちらから

 

2019年6月19日(水)ネット講座
乾物で、防災食もこんなに変わる
参加費 5、000円

(税込、事前振込)

講師 DRYandPEACE

詳細は、こちらをご覧ください。

2019年6月21日(金)

自家製乾物作り講座

11:00〜13:00

荻窪駅徒歩6分(ご参加の方に住所をお知らせいたします)

参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE

 

お問合せ、お申し込みはこちらまで