きくらげは炒め物だけじゃもったいない

先日、北京に住んでいる娘がしばらく帰省していました。

ある日とても寒かったので、娘の提案で夕飯は豚しゃぶにすることに。

一緒に台所に立っていた娘が

「あ、きくらげ戻すの忘れた!」と叫びました。

汁物、鍋物に入れても美味しいきくらげ
汁物、鍋物に入れても美味しいきくらげ

中国ではきくらげは火鍋の具の定番の一つ

「日本では鍋にきくらげ入れないからいいんじゃない?」というと「あ、そうか」と。

 

実は、中国の火鍋にはきくらげは定番の具。

重慶まで火鍋を食べに行ってしまうほどに火鍋好きな娘。

欠かせない具はきくらげとじゃがいもと寛粉と言います。

(寛粉についてはこちらのブログにて)

私も鍋に入れた時のきくらげのコリコリ感が気に入っています。

 

中国のきくらげには下の写真のように

マッチ箱くらいに圧縮されたものも売られていて、

初めはきくらげだと認識していなかったと娘。

シャキッシャキの食感がたまりません。

圧縮きくらげ
圧縮きくらげ

炒め物以外にもいろいろ使えます

きくらげは水で戻します。

ものによりますが20分から50分くらい。
石突が固ければ切り落とします。

鍋物や汁物ならそのまま鍋に入れて。

サラダや和え物にする時は、熱湯をかけまわしてから調理しましょう。

 

ユニークなところでは、ベトナムのココナッツミルクのスイーツ「チェー」。

チェーには昆布やきくらげが定番の具として使われています。

 

先入観にとらわれず、もっと自由にきくらげ料理を楽しんでみませんか。

白木耳と組み合わせ、マスタードを効かせた洋風のドレッシングで和えて
白木耳と組み合わせ、マスタードを効かせた洋風のドレッシングで和えて
ベトナムのチェーというスイーツ。きくらげ入りは定番
ベトナムのチェーというスイーツ。きくらげ入りは定番

DRYandPEACEの他のブログも読んでくださいね。

近日予定の講座やイベント

【乾物防災食講座】

日程は以下。

詳細は、こちらをご覧ください。

2019年4月16日(火)
ネット講座(5名限定)
乾物で、防災食もこんなに変わる(基礎)
13:30~15:30

 

2019年4月20日(土)
〜火がなくても作れちゃう!普段も美味しい!乾物防災食入門〜
①11:00〜12:00

②14:00〜15:00
光が丘ゆりの木商店街
板橋区赤塚新町3-33

2019年4月23日(火)
乾物で、防災食もこんなに変わる(基礎)
11:00〜13:00
樹のソムリエ(大田区北千束)

 

2019年5月20日(月)
乾物で、防災食もこんなに変わる(基礎)

19:00〜21:00

新宿区落合

満員御礼
師養成講座
4月9日&24日or5月13日

都内会場

【自家製乾物作り講座】

2019年4月26日(金)

11:00〜13:00

新宿区落合

 

お問合せ、お申し込みはこちらまで

 


【乾物マジックマスター講座】限定10名

昨年秋に発売した「乾物マジックレシピ」に掲載されている

11の乾物を駆使した42のレシピ全てを、

著者が作り試食していただく中で、

乾物についての日々の料理に役立つ知識をお伝えする

10回の講座です。

その前期5回を5月30日(木)から

隔週11:00~13:00に開催します。

詳細はこちらをご覧ください。

 

各講座の詳細は以下のカレンダーでもご覧いただけます。