自家製乾物はズボラスタイルで

野菜を家で干すようになってから、

野菜を無駄にすることがほとんどなくなりました。

 

随分丁寧な生活している??

いえいえ、結構ちゃらんぽらんでいけちゃうんです。

300円の網に入れて
300円の網に入れて

家の中でOK、ついで仕事で干しちゃいましょう

野菜炒めを作ったときに、半分残った人参は薄切りにして干す。

 

大根の皮を剥いたら、干す。

(どう使うかは、過去ブログをどうぞ)

 

使い切らない椎茸は冷蔵庫に戻さず、そのまま干す。

 

が上の写真です。

 

(詳しい干し方などは、こちらの過去ブログをご参照ください)

あ、自家製乾物作りの講座もやってます(宣伝、4月26日に落合で開催予定です)

もちろん、この網、外に吊るしてもいいんですが、

外出中に雨にやられるのは嫌だし、

この時期は特に、花粉まみれになったら、

それを食べるなんてありえないw!ので

家干しです。

 

実際、家の中で全く問題なく干せます。

お気楽干し椎茸作り

あはは、こんなんでもw
あはは、こんなんでもw

2週間ほど前に始めた椎茸の菌床栽培セット。

 

あっという間にすごいことになり、

どう考えても使いきれないので、間引きしました。
で、夜寝る前で眠くて、そのままほったらかしておいたら、

結構これだけでも乾いちゃうんですね〜。

ズボラ感満載ですが、、。

 

以前、1週間ほど旅に出る直前に、

冷蔵庫の中に椎茸があるのを思い出し、

ダメもとでざるにのせてテーブルの上において出かけたら、

戻ったら干し椎茸になっていました(笑)。

冷蔵庫に入れっぱなしだったら、

確実に黒くなっているところでした。

そのくらいズボラでOKと自信をつけました(えっへん!)。


市販の干し椎茸のような香りの高さを求めるなら、

やはり原木(国産干し椎茸のほとんどが原木栽培です)。
そして、ある程度の温度で乾かすことが香りを高めると

伺いました。

 

なので、家庭で椎茸をこうやって干すのは保存のためと割り切っています。

 

野菜を干す。
気楽に始めてみませんか?

参加者募集中の講座、イベント

4月9日(火)11:00〜14:00 満員御礼キャンセル待ち受付中

乾物防災食講師養成講座①
横浜市青葉区
参加費 2回分合わせて15,000円
講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

 

4月20日(日) ①11:00〜12:00 ②14:00〜15:00

乾物防災食入門

MUJIcom 光が丘ゆりの木商店街
板橋区赤塚新町3-33)

参加費 1、000円(税込)
講師 DRYandPEACE
(詳細はこちらから)
①②は同じ内容です。

 

4月23日(火11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜
樹のソムリエ(大田区北千束)
参加費 5、000円(税込)
講師 DRYandPEACE
(詳細はこちらから)

4月24日(木)11:00〜15:00満員御礼キャンセル待ち受付中

乾物防災食講師養成講座②
横浜市青葉区
参加費 2回分合わせて15,000円
講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

 

4月26日(金)11:00〜13:00

自家製乾物を作って美味しく食べる
〜家の中でも干せちゃいます〜
新宿区上落合2−26−5

(東西線落合駅徒歩3分)
参加費 5、000円(税込)
講師 DRYandPEACE
お問合せ、お申し込みはこちらから

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント
coming soon