「MOTTAINAI」精神もここまでくれば!

先日、ある方がSNSに、あたりめを切ったものとこんにゃくを一緒に煮た、

とても美味しそうな写真を投稿していました。

 

それを見て思い出したのが、

数年前に町田の山形物産館で見つけたあるもの。

いかの皮だけを集めた乾物
いかの皮だけを集めた乾物

いかの皮だけの乾物!

なんと!
いかの皮だけを集めて乾物にして売っていたのです。
お造りにする時に、皮、剥きますよね。

いかにもそれを集めたという感じ。

大きいのもあれば小さいのもある、で、形もバラバラ。

一体何に使うのでしょうか?

いいダシが出るんです!

お店の人に聞いてみると、

「玉こんにゃくを作る時に入れるのが定番」なんだそうです。

 

山形出身の友人に後で尋ねてみたところ、

「確かにこんにゃくにはいかの風味はつけるかも、

でもいかの皮の乾物をみたのは初めて」

とのことでした。

常々、山形は日本一の乾物王国と思っているのですが、
まさかいかの皮だけを集めて干して乾物にしているとは!
この「MOTTAINAI」精神、恐るべし!です。

ただこんにゃくだけでなく、、、

わざわざ戻すほどのこともないだろうと思い、

大根を煮る時に、切り昆布と煮干しと、

このいかの皮も入れてコトコト。

いか(の本体)を入れてないのにいかの風味がたっぷりの

美味しい煮物になりました。
(いかなんだから当たり前か)。

で、意外に噛みごたえもあるんですよね。

確か一袋で二百円程度だったと記憶。

まな板を使うことなく、手も汚さずに、そしてお安く
いかの風味を加えることができるのって、意外に便利??

この状態から煮ました
この状態から煮ました

その後、見かけることもなく、ネットでも引っかからず。

私にとっては幻の乾物になっていますが、

イカをさばく時には、皮を乾燥させてみようかなと考えていたことを、

久しぶりに思い出しました。

DRYandPEACEのブログ記事はこちら。ぜひ読んでくださいね。

参加者募集中の講座、イベント

<乾物×防災>

2月12日(火) 11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

3月7日(木)①11:00〜12:00 ②14:00〜15:00

火がなくても作れちゃう!普段も美味しい!乾物防災食入門
TSUTAYA町田木曽店
参加費 各回とも2,000円(税込、ミニお土産つき)
講師 DRYandPEACE
(詳細はこちらから)


3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE
(詳細はこちらから)

チームDRYandPEACEの講座・イベント
coming soon