関東人には馴染みの薄い「あらめ」

少し前のことですが、表参道の新潟館ネスパスで、

新潟県柏崎市の乾物店、今井商店さんが販売していた

佐渡産の「あらめ」を購入しました。

一般には三重県産が多いようです。

関東では「あらめ」はあまり知られておらず、

私も、名前は知っているけれど、
食べたことあるかな、、、程度。

少なくとも自分で戻して料理するのは

今回が初めてです。

昆布の仲間とのことですが、

昆布よりはずっと薄く、わかめに近い厚さ。

表面がザラザラして荒いために「あらめ」と呼ばれると言われます。

板状に干されているあらめ
板状に干されているあらめ

何分戻すと良いかわからないので、1時間戻してみました

干した海藻の例にもれず、戻すと4〜6倍になるというので、

15g戻してみました(上記写真の量で50g)。

水で戻すこと1時間ほど。
(30分戻してみようかなと思っていたのですが、

他のことをしていて気づいたら1時間経っていたというのが本当のところ)

今井商店さんのページには、
何分戻すのがいいかを実験している様子もありました。

何分戻しだと食感はこんな感じと感想も。
参考になります。


乾物のレシピって「**を戻して」で終わりという、
親切とは言えないものも多いんですよね。

何分戻すの???

戻し過ぎたらいけないの???

ここで乾物を使うのを躊躇してしまう人もいますよね。

「戻したあと、洗うと真っ黒になるので(これはアクだそうです)、

何度か水を変えてすすぐように」とのことでしたが、
それほど黒くもなく、二度水を変えたら問題なしでした。

 

10回くらいは水を変えて洗う

灰干しワカメを連想していたので、

それほどと思わなかったのかもしれません。

15gのあらめを1時間ほど戻しました
15gのあらめを1時間ほど戻しました

煮付けもいいけど、酢醤油炒めもマル

戻したあらめの水気を絞り、

油でさっと炒め始めたら、ひらめいてしまいました!

「あらめの、この香りなら、豚肉と一緒に炒めて酢醤油かな」

ひじきのような味付けで煮ようと思っていたのに(コレが一般的な食べ方)

急遽変更。


豚細切れ肉を追加して炒め、

酢醤油で調味。
ごはんに合う味になりました。

 

生姜を効かせたらもっとイケたかも、、。
最後にミツバを混ぜても美味しいかも、、、。

表面のざらりとした食感と、確かな歯ごたえが、

ひじきの柔らかさとは違って、ちょっとクセになりそうです。

見つけたらぜひ試してみてくださいね!

さっと炒めて酢醤油で味付けたあらめ
さっと炒めて酢醤油で味付けたあらめ

ネバネバ系の若あらめも気になります

ところで。
あらめの若芽を干した「若あらめ」が、

千葉県木更津の道の駅で手頃な値段で売られていたので、

こちらも買い求めてみました。
若あらめの食べ方はネバネバ系らしい、、、。

 

近日中に、こちらもご紹介しますね。

DRYandPEACEブログ、他の「海の乾物」関連記事はこちらから。

参加者募集中の講座、イベント

<乾物×防災>
1月25日(金) 11:00〜13:00(キャンセル待ちのみ受付中)

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

2月12日(火) 11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)


3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜(仮題)
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE
(詳細はこちらから)

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント

1月24日(木) 10:30〜12:30

初干し!自家製乾物事始め。発酵食も取り入れたランチ付

ギャラリーカフェジョルジュ(世田谷区祖師ヶ谷大蔵)
参加費 5、000円(税別)

講師 森真弓さん(自家製乾物作り講師)
詳細はfacebookでご覧ください。