買いすぎちゃったな、じゃあ、干しちゃいましょう!

ふとしたことで人参を買い過ぎてしまいました。

ちょうど天気もいいし、さて干しますか。

乾物作りは夏と思っている人も多いようですが、
空気が乾いて晴天が多い関東では、冬は乾物作りの適期なんです。


雪深い地域では、

ストーブの前に置いておくとすぐに乾くという方もいらっしゃいます。

いろいろな形に切った人参を干しています
いろいろな形に切った人参を干しています

どんな料理にしたいかを考えて、それに応じた切り方で

野菜を干す時は、何に使いたいかを考えて形を決めます。

 

とはいえ、ぶつ切りの大きいままだとなかなか乾かず、

乾く前に腐ってしまうこともあるので、薄切り、千切りが基本です。


お正月も近く、義母の出身地である新潟風のお雑煮と

郷土料理「のっぺい」を作る予定なので、

それに必要な人参の短冊切りも、今回は作りました。

千切りはヨーグルトで戻すサラダ用に。

食感がシャッキシャキで、甘みが凝縮して美味しいんです。
味噌汁やスープに入れてもいいですよね。

輪切りはスープやシチューに。
ちょっと薄めですが、肉じゃがにも使えそう。

 

下の2枚の写真は乾物仲間の友人が撮ったもの。
お正月用に花形にした人参を干しているのだそうです。

友人が花切りの人参と大根を干しています(before)
友人が花切りの人参と大根を干しています(before)
その、afterがこれ。お正月のお雑煮に入れるそうです。
その、afterがこれ。お正月のお雑煮に入れるそうです。

皮を剥いてから干すのがポイント

人参は、皮を剥いてから干すのがポイント。

 

皮つきのままだと、皮の部分だけ黒ずんでしまうのです。
カビ?と疑いを持ってしまうと食べたくなくなるので、

皮むきは面倒くさがらずにしてくださいね。

汁気のある料理に入れて煮ると、7〜8分もすれば

このピラピラしたところが汁気を吸って伸びて
元の形に戻るから不思議。
味噌汁やシチュー、スープなどに入れる時は、

事前に戻す必要もないのです。

家で野菜を干して乾物にするメリットとは?

家で野菜を干して乾物にすることは、

 家庭からの食品ロス削減になり、
 家計にも優しい(無駄にせずに済む&安い時に買いだめも可能)
 そして、ちょっと時間がある時に手間を先取りすることにもなり、

 さらには、もしもの時にも家に常に野菜のストックがあることにもなります。

野菜を買いすぎちゃったな、という時には、

ぜひ、干してみてくださいね。

参加者募集中の講座、イベント

<乾物×防災>
1月25日(金) 11:00〜13:00 

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜(仮題)
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE

(詳細ページこれから作ります)
参加ご希望の方はこちらまでご連絡いただければお席の確保いたします。

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント
coming soon