火鍋に欠かせない「寬粉」

中国の重慶は火鍋が有名です。

牛の脂を大量に溶かして、

その中で具を「コンフィ」(低温の脂で煮る)して食べます。

 

タレも、香菜、ネギなどの薬味と、たっぷりのごま油にオイスターソースを混ぜて、

これをまぶすようにつけて食べる感じ。

 

店によっては、各自にごま油の未開封の小さな缶が渡されるほどに、

ごま油も摂取することに。

先日の鍋パーティーでも大人気でした。
(カロリーはこの際考えないのが賢いというものです)

そんな火鍋に入れるのがとっても美味しい「寬粉」(クァンフェン)。
幅の広い春雨と考えていただければ良いと思います。

火鍋に入った寬粉
火鍋に入った寬粉

寬粉ってどんなもの?

その幅は、7mm程度から3cmくらいの幅広いものまであり、

厚みも2mm程度はあります。

実は、この厚みによる歯ごたえ、食べ応えがたまらないのです。

鍋の中で長く煮ていても煮崩れしません。
火鍋に入れる他、茹でてから和え物にするのもまた美味です。


原料はといえば、さつまいもの粉に
多少タピオカ粉を混ぜているものや、
じゃがいもがメインのものなどがあります。

今回使ったのはじゃがいもで作られた寬粉
今回使ったのはじゃがいもで作られた寬粉

どう戻す?

中国のサイトを見ていても、

水で2〜3時間とか、茹でるとか、温水に浸せとか、
いろいろ意見が分かれているようです。

水に浸すと相当に時間がかかりそうなので、

私は、70度くらいのお湯に1時間ほど置いて戻しています。

 

若干長く置いても問題なさそうなので、

その夜に使うとなったら、適当な時間にお湯に浸すくらいの

お気楽な戻し方で大丈夫です。

火鍋の汁を吸って美味しそうに輝く寬粉
火鍋の汁を吸って美味しそうに輝く寬粉

春雨のツルリとした美味しさもたまりませんが、

寬粉のどっしりした食べ応えはまた格別。


味の濃い料理に合うので、

すき焼きあたりにぴったりです。


新大久保や中華街などに行けば、日本でも売られています。

楽天などネットでも手に入るようです。

機会があったら、ぜひ試してみてくださいね。

現在参加募集中の講座、イベント

<乾物×防災>
1月25日(金) 11:00〜13:00 

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜(仮題)
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE

(詳細ページこれから作ります)
参加ご希望の方はこちらまでご連絡いただければお席の確保いたします。

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント
coming soon