干し棗を食べれば、老けない、かもw

この週末、毎年恒例の年末の鍋パーティーを開催。

スッポン鍋、参鶏湯、肉骨茶、牡丹鍋(お隣さんが仕留めた猪の鍋)、

重慶風火鍋、ローストターキーなどを大勢で楽しみました。

7年続く鍋パーティーで必ず毎年登場しているのが、参鶏湯。

参鶏湯作りに、干した棗は欠かせません。

参鶏湯に棗は欠かせません
参鶏湯に棗は欠かせません

上海で、生の棗を食べました

年ほど前のお正月に、

上海の果物屋さんで姫リンゴのような赤いフルーツを見つけました。
店の人に聞いてみると「冬棗」と教えてくれました。
それが下の写真の赤い実です。

 

だいぶ前のことなので記憶が曖昧なのですが、
爽やかで柔らかい甘みと酸味がありました。
これを干すと、甘みがもう少し深くなります。

赤いのが冬棗
赤いのが冬棗
干した棗
干した棗

「一日吃三棗,終生不顯老」

中国では、棗は「天然のビタミン剤」とも言われ、
補血作用もあり貧血に良いとされています。

「一日吃三棗,終生不顯老」
(1日に3つ棗を食べれば、一生老けない)な〜んてことまで!

お祝いの席で食べられる八宝飯にも使われます。

韓国でも棗は縁起がいい食材と考えられており、

参鶏湯のみならず、棗と栗の餅菓子や、

「薬食」(ヤクシキ)と呼ばれる行事食にも

干し棗は欠かせないのだそうです。

 

そんな効能を持つ棗ですが、
日本では、生はもちろん、干したものも、

普通のスーパーでは並んでいないのはどうしてなのでしょうね。
(そのうちスーパーフードともてはやされて、日本でも棗ブームがくるでしょうかw?)

お粥やスープに入れても

干し棗はそのまま食べても良いのですが、

お粥を炊く時、スープを作るときなどに入れると、

ほんのりした甘さがいい感じで、

柔らかくもなり食べやすいと思います。


その際には、砂糖漬けになっていない、

ただ干したものであることの確認をお忘れなく!

お粥を炊くときに棗も一緒にコトコト。
お粥を炊くときに棗も一緒にコトコト。

参加者募集中の講座、イベント

<乾物×防災>
1月25日(金) 11:00〜13:00 

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜(仮題)
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE

(詳細ページこれから作ります)
参加ご希望の方はこちらまでご連絡いただければお席の確保いたします。

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント
coming soon