肉の昆布〆、驚きの美味しさに!

昆布〆、好きですか?


白身魚の昆布〆は、和食屋さんなどで召し上がる機会もあるかと思います。

 

水分が抜けて、昆布の旨みを吸ったお刺身の美味しさは格別。

そして、長持ちもします。

豚肉を昆布で挟む
豚肉を昆布で挟む

肉を昆布でサンドするだけ!

お刺身の昆布〆も美味しいのですが、

肉の昆布〆もぜひお勧めしたい美味なんです。

表面を乾いた布でさっと拭いた昆布の上に、

肉を並べたら、もう一枚の昆布を乗せてサンドイッチ状に。
それをラップでくるんだら、冷蔵庫で7〜8時間おくだけ。
(2日くらいなら冷蔵庫におきっぱなしでも大丈夫です)


豚肉だとすると

生姜焼き用くらいの厚みが美味しいと個人的には思います。

 

薄すぎると焼いた時にちょっと物足りないし、

厚すぎると昆布の旨みが中まで染み込まない印象。

あるイベントで約40名分の豚肉の昆布〆を準備した時の写真
あるイベントで約40名分の豚肉の昆布〆を準備した時の写真

シンプルに塩胡椒だけでぜひ!

 

さて、8時間ほどおくと、肉の水分で昆布が柔らかくなり、

代わりに昆布の旨みが上下から肉に入り込みます。

その肉を、ただ焼いて塩胡椒して食べてみてください。

昆布の旨みでこんなに違うかと驚くことと思います。

一晩おくと、こんな感じ。
一晩おくと、こんな感じ。

残った昆布は?

生の肉が触れた昆布なので、

必ず加熱して食べるようにしてください。

 

2cm角に切って佃煮にというのがよくあるパターンと思いますが、

私は、適当な大きさに切って、

味噌汁やシチュー(洋風や中華風でも美味しいですよ)に加え、

ダシを取りつつ、具としても食べてしまいます。
肉の味も出て、美味しいですよ。

肉の昆布〆、ぜひ試してみてくださいね。

近日予定の講座、イベント

<乾物×防災>
1月25日(金) 11:00〜13:00 

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合
参加費 5、000円(税込)

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

3月9日(土)11:00〜13:00

乾物で、防災食もこんなに変わる!
〜もしもの時にも慌てないレシピ〜(仮題)
八王子 埼玉屋本店
参加費 4、000円(税込)
講師 DRYandPEACE

(詳細ページこれから作ります)

 

チームDRYandPEACEの講座・イベント

<自家製乾物作り講座>

12月15日(土) 10:30〜12:30 

自家製乾物作り講座
〜発酵食も取り入れたランチパーティー付き〜

世田谷区祖師ヶ谷大蔵
参加費 5、000円(税別)

講師 森真弓(詳細はこちらから)