春雨って、実は便利!

台所を整理していて、使いかけの春雨を見つけました。

ちょうど夜に作ったスープが残っていたので、それを温め、

春雨をそのまま投入してスープ春雨に。
スープを吸ってすぐに柔らかくなるのが、

春雨のいいところ。

簡単でお腹にもたまる朝食になりました。

ところで、春雨の原料って何かご存知ですか?

春雨の原料は?

一般的に売られている春雨の原料は、
緑豆と呼ばれる豆です。

緑豆を見たことがない人でも、

緑豆もやしを食べたことはあるのではないでしょうか?
(下の写真参照)

東南アジアでは豆の形を残したまま
食べられることも多いのですが、

日本ではあまりそうした使い方はしていません。

緑豆春雨も、ほぼ中国産です。

実は、日本では、

じゃがいもやサツマイモのデンプンから春雨が作られてきましたが、
今は、国産の春雨はとても貴重で、あまり見かけることがありません。
ツルンとした緑豆春雨に比べてちょっともっちりした食感です。

国産春雨があまり見られないのは、
輸入の緑豆の春雨の方が安価であること、
白いこと、

また熱を加えた時に溶けにくいことで、

緑豆春雨の方が好まれてきた結果なのでしょうか。

緑豆は数ミリの大きさ。
緑豆は数ミリの大きさ。

春雨はどうやって作られる?

春雨は、豆、じゃがいも、サツマイモなどのデンプンをこねて

細い糸状に加工したものを茹でてから、

冷凍した後に解凍し、干すことで作られます。

「凍らせてから干す」というこのプロセスで、多孔質になり、

ダシをよく吸うという性質が生まれます。

高野豆腐や、棒寒天と同じですね。

緑豆の春雨は白く透き通っている
緑豆の春雨は白く透き通っている

春雨を常備するメリット

さつまいもで作った春雨(韓国産)は白くない
さつまいもで作った春雨(韓国産)は白くない

春雨は、上にも書いたように、

熱湯に入れるとすぐに柔らかくなり、食べられるので、

忙しい時の食事作りに重宝します。

豆や芋類のデンプンが原料なので、
アレルギーなどでグルテンフリーの食事をしたい人にとって
小麦から作る麺類のかわりになります。

また、塩を含んでいないことから
(うどんやそうめんなどの乾麺には塩が入っています)、

減塩を考える方にも適していますし、

スープに直接入れて調理できるのも、塩がないからこそ。

そうめんも早く火が通りますが、

別茹でしないとスープがしょっぱくなってしまいますが、春雨なら心配なし。

ということは、もしもの時の炊き出しなどに加えるにも、

春雨は便利と言えるでしょう。

キッチンに眠っている春雨はありませんか?
ぜひ、使ってみてくださいね。

近日予定の講座&イベント

DRYandPEACEの講座・イベント


<ランチ会>
11月29日(木) 12:00〜14:00

乾物マジックレシピ」発売記念 乾物マジックランチ会
大田区北千束
講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)

<乾物×防災>
12月5日(水) 11:00〜13:00 

乾物で、防災食もこんなに変わる!

〜もしもの時にも慌てないレシピ〜

新宿区落合

講師 DRYandPEACE(詳細はこちらから)


チームDRYandPEACEの講座・イベント

<自家製乾物作り講座>

11月23日(金・祝) 11:00

豊島区大塚にて 三浦好美講師

1125日(日)    11:00~ 

江東区豊洲にて むらせくみこ講師(残席僅少)


これらの講座に参加すると講師養成講座への参加資格ができます。

<乾物×防災>
11月30日(金) 10:30〜12:30

愛知県岡崎市 成田奈苗講師

詳細、お申し込みはこちらから

これ以降の講座については、以下のカレンダーをご参照ください。