これで米粉の使い方を一通りマスターできます!

3月3日、無印良品を展開する(株)良品計画さんからご依頼いただき、

千葉県夷隅郡大多喜町の旧老川小学校の家庭科室で

米粉料理教室を開催してきました。

 

この基本を覚えれば米粉づかいを一通り覚えることができる。
そんなメニュー構成にしてみました。

米粉と豆乳だけで作る「コメティーヤ」は手軽に作れる主食
米粉と豆乳だけで作る「コメティーヤ」は手軽に作れる主食

ありがたいことに、募集開始早々に満席キャンセル待ちとなりました。
米粉活用に興味を持たれる方が多いのは嬉しい限り。
遠くからのご参加もいただきました。
(ご参加いただけなかったみなさま、申し訳ありません)。

米粉の特徴をまとめて解説

米粉とは何?から始まり、

白い

ダマになりにくい

吸油率が低い
米粉なら今日から天ぷら名人

ホロホロッ、カリッ、モチモチの食感の変化を作り出す
とろみづけにも力を発揮
混ぜるだけ?のホワイトソース
洗い物もスルッと簡単

などなど、、、

まずは米粉の特徴を、小麦粉や片栗粉との比較で説明していきます。

ほうれん草パウダーを混ぜたコメティーヤ
ほうれん草パウダーを混ぜたコメティーヤ

米粉はこんなに使える食材!

大多喜町産のお米の米粉を使わせていただきました。

今回のメニューは以下。


大多喜産たけのことスモークサーモン、グリーンピースのケークサレ

米粉なら混ぜて焼くだけ。

軽食にもぴったりの甘くないケーキが簡単に作れます。
基本の配合を覚えれば、具はアレンジ自在です。

 

雛祭り!大多喜産菜の花入りクラムチャウダー 
米粉ならホワイトソースが超簡単、失敗しらず。

牛乳と米粉を混ぜて加えて加熱すればとろみがつきます。

 

米粉フライドチキン 
米粉ならではの衣のサクサク食感が楽しめます。

揚げ物の腕が上がった?と思うほどにいい食感に揚がります。
小麦粉に比べて3割ほど吸油率が少ないのも米粉の嬉しい特徴です。

ひな祭り色のコメティーヤ 

米粉と豆乳だけで作る、クレープ状の主食。
おかずから甘いものまで、
クセがないのであれこれ巻いて楽しめます。
今回は、プレーンなコメティーヤの他に、
紫芋パウダーやほうれん草パウダーを混ぜて、

お雛祭りらしい3色にしてみました。

米粉でカスタードクリーム

米粉なら、材料を混ぜながら加熱するだけで

美味しいカスタードクリームのできあがり。
驚くほどの簡単さです。

米粉チキンは衣がサックサクです
米粉チキンは衣がサックサクです
写真を撮り忘れたので以前に作ったカスタードクリームの写真を
写真を撮り忘れたので以前に作ったカスタードクリームの写真を
こちらも写真を撮り忘れたので他の具材のケークサレを。筍入りは食感がよくておすすめ!
こちらも写真を撮り忘れたので他の具材のケークサレを。筍入りは食感がよくておすすめ!

「田んぼを残したい」そんな思いで米粉普及活動11年目!

一人あたりの消費量が昭和30年代の半分にまで減ってきているお米。

 

粒で食べる量が減ったなら、粉で美味しく食べられたらいいのでは?
そんなことから米粉のレシピ開発に取り組み始めたのが、2007年。

すでに10年取り組みを続けて11年目に突入しました。

片栗粉も小麦粉もなくても家庭料理には困らないほどに便利ながら、

ネックは価格の高さ。

補助金を使っていてもこうなってしまうのは、製粉コストが高いから。

これ、書き出すと長くなるのですが、、、。
まずは多くの人が米粉を使うようになってほしい!

そう思っています。

私たちが米を食べることで、田んぼを未来に継承していくことができます。

田んぼが残ると、

その風景が残る

米作りの技術が継承される

地域のコミュニティが残る

最小のダムとしての機能を果たしてくれる
生物多様性を担保してくれる


といったさまざまな意味合いがあります。


これからも米粉レシピ開発、講座、続けていきます。