2016年

9月

04日

ハノイの市場にて

 

旅先で必ず訪れたいのが市場。

 

8月に訪れたハノイでも、もちろん市場へGO!

  

ハノイ最大の市場、ドンスアン市場。衣類、靴、帽子、下着、アクセサリー、食器などありとあらゆるものがところ狭しと並び、活気にあふれています。

 商品や人をかき分けるように奥へ進んでいくと、ありました!乾物のエリア‼

 

 

 まず目を引いたのは干しエビ。、大中小様々な大きさの干しエビが並んでいます。

 

エビの隣で存在感を放っていたのは干しタケノコです。干しタケノコもエビ同様いろいろな種類が並んでいます。タケノコの部分や大きさ、または竹の種類の違いもあるでしょう。値段も違います。日本の干しタケノコと比べると、こちらのものはかなり幅広。

ベトナムでは、干しタケノコは肉類とともに煮たりスープにしたりして食べるそうです。

 

この乾物エリアは、観光客に売る気ゼロ。話かけてみても、なしのつぶてでした。kg単位での販売のようで(これは憶測ですが、、、)、少量での購入は難しいのかもしれません。

 

干し椎茸はややこぶり。直径3㎝程度です。

他にも、きくらげやシナモン、ナッツなどが並びます。

 

市場の建物を出たところで見つけた豆屋さん。緑豆をはじめ、きれいな色の豆がずらり。

 

 

豆屋さんの端っこにあった黒い豆の乾物。

こちらは、食用ではなく髪を洗うためのもの。ポーケットという名前でこの煮汁で洗髪すると、地肌もきれいになり、髪もつやつやになるそうです。

 

 

こちらは市場ではなく、町中での写真。魚類の乾物も種類豊富です。

べトナムハノイの乾物フォトスケッチでした。。