栃木県小山市への旅①〜炎天下の干瓢作りを体験!

35度越えの炎天下、総勢30名で栃木県小山市にある小野口商店さんの農園を訪ねました。

一玉8〜10kgの夕顔の実の大きさにまずびっくり。

そして、小野口さんのご好意で、一人一玉の干瓢剥きを体験させていただきました。

干瓢は夕顔の実から作る。一個の重さは8~10kg!水分が9割。
干瓢は夕顔の実から作る。一個の重さは8~10kg!水分が9割。

干瓢は夕顔の実を剥いて乾燥させて作ります。
まずは畑を見学。

6月半ばすぎから8月上旬が実の収穫時期です。
夕顔はウリの仲間で、冬瓜とは親戚。
ところが、夏に収穫しても冬まで保つ「冬瓜」に対して、夕顔の実は夕方に収穫して翌朝に剥くために畑においておくと朝には腐っていることもあるほど。だからこそ乾物にしたのですね。

畑に行くと夕顔の赤ちゃんが。実がなりだして2週間ほどで収穫
畑に行くと夕顔の赤ちゃんが。実がなりだして2週間ほどで収穫。産毛が新鮮さの証

干瓢の国内生産の多くは栃木県に集中しています。

この地域は夕方に雷や夕立が多く、関東ローム層の火山灰の土地。

夕顔は、その水分を吸って大きく育ちます。
火山灰ならではの水はけの良さもまた夕顔生産に向いているのだそうです。

水分たっぷりの夕顔は一玉8〜10kgにもなり、小野口商店さんでは毎日300個の夕顔を7〜8人がかりで収穫し、剥き、干すという作業をしています。これで概ね1日60kg程度の干瓢ができることになります。重労働です。

干瓢はカルシウムと食物繊維、そしてカリウムが豊富に含まれています。

 収穫は6月下旬から8月上旬。炎天下での作業。つる一本から7~8個収穫。
収穫は6月下旬から8月上旬。炎天下での作業。つる一本から7~8個収穫。
畑でevernoteにメモしていたタブレットはオーバーヒートしてこんなメッセージを出してきました!ガ〜ン、写真も撮れない!
畑でevernoteにメモしていたタブレットはオーバーヒートしてこんなメッセージを出してきました!ガ〜ン、写真も撮れない!

タブレットがこんなことになるほどの炎天下での夕顔生産作業は、お年寄りには厳しく、畑の管理が行き届かなくなり品質が落ちたり、その大変さから生産をやめてしまう人も多いのだそうです。
現在の農家数は400軒くらい。夏以外は別の作物を作っています。

今は、干瓢の生産の9割が中国を初めとする海外に移ってきています。
小野口商店さんも中国に日本の種を持ち込んで中国での生産、加工をしているのだそうです。

干瓢の剥き方を説明してくれる小野口商店の皆さん。この一玉から250gほどの干瓢(干し上がったもの)ができる。
干瓢の剥き方を説明してくれる小野口商店の皆さん。この一玉から250gほどの干瓢(干し上がったもの)ができる。
足で「半クラ」状態に調節しつつ回転させ、歯を当てると飛ぶような勢いで削れていく
足で「半クラ」状態に調節しつつ回転させ、歯を当てると飛ぶような勢いで削れていく

一人一玉の干瓢剥き体験をさせていただきました。
足で回転速度を調整しながら歯を当てて剥いていきます。

種が見えるまで剥いてしまうと、干瓢を料理する際にその部分が溶けてしまうのだそうです。

この機械を作る人もいなくなり、壊れてしまえば受注生産で50万円はしてしまうのだとか。
今のところ、干瓢生産をやめてしまった人から譲ってもらいながらやっているとのことでした。

切れずに剥けてこの笑顔。これを乾かすとあんなに細くなるのだとは、、
切れずに剥けてこの笑顔。これを乾かすとあんなに細くなるのだとは、、
雨を避けてハウスの中に整然と干されている干瓢。ハウスの入り口に立って、その熱風に驚く
雨を避けてハウスの中に整然と干されている干瓢。ハウスの入り口に立って、その熱風に驚く

収穫し、剥いたら、なるべく早く乾燥させます。

雨に当たらないようにハウスの中に干し、乾燥を速めるために大きな扇風機が回っています。
干している間にも熟してくるほど劣化が速く、半透明になってしまったその部分は、煮ると溶けてしまい、不良品となってしまうので、スピードが勝負なのです。

うまく干せるかな?この段階ではさほど暑くないのですが、水分が蒸発してくると地獄蒸し状態に
うまく干せるかな?この段階ではさほど暑くないのですが、水分が蒸発してくると地獄蒸し状態に

国産のものの方が安心できると、国産需要が伸びているのに国内生産が間に合わず、干瓢の価格は上がっているといいます。築地で2kg1万円ほどで取引されており、単位面積あたりで考えるとコメの6〜7倍の儲けになるはずなのに、、、。

干瓢を作るってすごい!を身をもって体験した後の記念写真
干瓢を作るってすごい!を身をもって体験した後の記念写真

「干瓢って何からできているの?」という人も多かった行きのバスとは打って変わって、干瓢への認識を新たにした総勢30名。

この後、干瓢料理のランチに向かいます。

続きは次回に。

もちろんランチ会場にはこれは持ってはいきませんでした(笑)。