丸の内朝大学「乾物力ことはじめクラス」二回目

丸の内朝大学の「乾物力ことはじめクラス」二回目開催。
出勤前の一時間という限られた時間の中でどれだけのことが伝えられるかが勝負。
時間延長はありえないわけですから。

ものの5分で仕込み。あとは30分ほど煮るだけのチキンと乾物たっぷりのモロッコ風
ものの5分で仕込み。あとは30分ほど煮るだけのチキンと乾物たっぷりのモロッコ風

乾物を使いこなすようになれば、タイムマネージメント、段取り力は確実にアップします。

講座をするについても、一時間の講座の中で伝えたいことをお話し、試食もしていただくとなれば段取りは重要なのです。私たちにとってもチャレンジです。4時おきでなければ講座に間に合わないわけで、家をでる前に何かするなんてもってのほか(笑)。最低限の仕込みでどれだけのことができるかにフォーカスしてみました。

今日の試食は4種
切り干し大根のモロッコ風
切り干し大根の大根飯

切り干し大根のナムル(写真なし)

切り干し大根の台湾風卵焼き

できる限り皆さんの目の前で作り、ちょっと先の食卓を見据えて準備することで、手を動かす時間がどれほど短くなるかを体感していただけるように考えています。

米を研いだら酒少々加えて水加減したところに切り干し大根を入れるだけの大根飯
米を研いだら酒少々加えて水加減したところに切り干し大根を入れるだけの大根飯。このみで塩、レモンなどで。
沢庵と切り干し大根が具の台湾風卵焼き
沢庵と切り干し大根が具の台湾風卵焼き

以前は、大根の甘みがおいしいと思い、冬になると大根一本を千切りにして、中華鍋などで炒め、水分を飛ばしてから米と共に炊いて大根飯を作っていました。水分を飛ばすと大根の甘みが本当にご飯を美味しくしてくれるのです。
ある時はたと気がつきました。
切り干し大根を使えば、水を飛ばす手間も、千切りにする手間もないじゃないですか!!
乾物は、実は時短料理にぴったりなのです。
前もってプランは必要ですが、手を動かす手間、買い物に行く時間を考えたら本当に時短。

今回は、もしもの時に備えるローリングストックについても考えていただきたいと思い、宿題も出しました。

10種の乾物を備えておくことで、どれほどいろいろな料理に展開できるかに私たち自身がチャレンジした「基本の10の乾物をとことん使いこなすKANBUTSU スマートレシピ」もご参照いただけたらと思います。