自由大学「乾物のある生活」13期2日目は野菜と果物!

「乾物のある生活」は、「乾物のある生活」を習慣にしてもらっちゃおうというわけで宿題もたくさん出しています。

公開ページではないのですが、受講生のみなさんには毎週、目についた乾物、食べた乾物(料理)などを写真と投稿でアップしていただきます。

今期のみなさんの特徴は、口頭で説明した料理についてなどをすぐに作ってみてくださるチャレンジャーが多いこと。そして失敗した写真も、どう失敗したかもアップしてくださること。

なぜなのかの原因究明も次の回に話し合えるし、何よりグループ内でそうした情報を共有できることが、みんなの「作ってみよう」「やってみよう」につながるのがいい感じです。

2回目のは野菜と果物の乾物に焦点をあてました。
手触りだけでいろいろな乾物を探ってみたり、戻し時間がどのくらいかをタイムライン上に並べてみるワーク、そしていろいろな料理の試食といった内容でした。

タイムラインを使って乾物の戻し時間を考えるのは、実は8割くらいの乾物は20分以内に戻り、そうでない乾物のほとんどは7〜8時間、いわゆる一晩置けばよいということをビジュアルで実感していただくためです。
20分なら、会社から戻って乾物を水に浸けたらシャワーを浴びて戻ってきた頃には下ごしらえが住んでいると思えばどうでしょう?おまけに野菜の乾物であれば皮をむいたり刻んだりする必要もなく、生ゴミもでないというおまけつき。

今回のメニューは
乾物イロイロのスピードパスタ(捨てる水なし)

ドライドトマトとスライス乾椎茸のチーズディップ

肉なしナッツローフにフリーズドライのフランボワーズを使ってちょっとアレンジしたマスタードソース

ヨーグルト戻しの切り干しにんじんとレーズンのサラダ

切り干し大根とほたてのヨーグルト戻しサラダ

あまり市販されていない切り干しにんじんの作り方のデモつき、でした。