[乾物ドライカレーパンプロジェクト]出張パン教室@横浜市 第二回by小野塚順子さん

10月27日(月)、横浜市青葉区のDRYandPEACEにて、北区赤羽でパン教室「マリヌス・セカンド」を主宰する小野塚順子さんに、出張パン教室を開催していただきました。

この質感はコーンミールをまぶしているから。色はターメリック(ウコン)。焼き上がりです!
この質感はコーンミールをまぶしているから。色はターメリック(ウコン)。焼き上がりです!

今回教えていただいたのは

高きびと乾燥ほうれんそうを使った乾物ドライカレーパン
くるみとレーズンがたっぷりのライ麦パン「ノアレザン」
大人のツナマヨディップ(ケイパーとアンチョビがきいています)

片方のパンを発酵させている間に別のパンの生地づくり。
次の発酵を待つ間に乾物ドライカレーを作る。
料理は段取り、を改めて実感します。

落ち着いた雰囲気の小野塚順子さん。マリヌス・セカンドの名前は、お母様が館山で「マリヌス」という名前のレストランを開いていらっしゃるからとのこと。
落ち着いた雰囲気の小野塚順子さん。マリヌス・セカンドの名前は、お母様が館山で「マリヌス」という名前のレストランを開いていらっしゃるからとのこと。
高きびは、あらかじめ炊いて加えます。プチプチモチッとした食感。見た目は挽肉のよう。カレーの水分を吸ってくれるので具を包みやすくなるそうです。
高きびは、あらかじめ炊いて加えます。プチプチモチッとした食感。見た目は挽肉のよう。カレーの水分を吸ってくれるので具を包みやすくなるそうです。
乾燥のほうれんそうは、戻さずに加えることでこれもまたカレーの水分を吸うため、具を扱いやすくなるとのこと。
乾燥のほうれんそうは、戻さずに加えることでこれもまたカレーの水分を吸うため、具を扱いやすくなるとのこと。
カレーの上にゴーダチーズをのせて、またカレーをのせてから生地で包みます。
カレーの上にゴーダチーズをのせて、またカレーをのせてから生地で包みます。
みんなで具を包みます
みんなで具を包みます
DRYandPEACEサカイも挑戦中
DRYandPEACEサカイも挑戦中
具を包んだらセルクルに入れて。上に天板をのせてオーブンに。
具を包んだらセルクルに入れて。上に天板をのせてオーブンに。
ターメリックとコーンミールで鮮やかな黄色に。焼きたてはゴーダチーズがとろ〜り。
ターメリックとコーンミールで鮮やかな黄色に。焼きたてはゴーダチーズがとろ〜り。
くるみとレーズンがたっぷり!
くるみとレーズンがたっぷり!
発酵の合間にノアレザンも仕込み、焼き上げてしまいました。ワインやチーズにあってこれもまた美味!
発酵の合間にノアレザンも仕込み、焼き上げてしまいました。ワインやチーズにあってこれもまた美味!
北区赤羽での通常教室のメニューです。お一人様から教えてくれるそうです。小野塚さんのクラスはワインつき。今回のレッスンももちろん赤ワインとともに試食させていただきました。
北区赤羽での通常教室のメニューです。お一人様から教えてくれるそうです。小野塚さんのクラスはワインつき。今回のレッスンももちろん赤ワインとともに試食させていただきました。