生薬として古くから使われてきた金針菜、気軽につかってみませんか?

20代の頃から、金針菜は好きな乾物でした。
ヤブカンゾウというユリ科の蕾を干したもの。
中国では古くから生薬として使われてきました。

 

薬膳では「入眠作用、自律神経調整作用、抗ストレス作用、抗痴呆作用、造血作用等」があるといわれているとのこと(漢方薬局さんによる)。

これは思わず注目!です。

金針菜と牛肉の炒め物(写真をクリックするとレシピにとびます)
金針菜と牛肉の炒め物(写真をクリックするとレシピにとびます)

選ぶ時には色が明るいものを。黄色い色が明るいほどよいとされています。


金針菜は必ず火を通して食すべしと言われています。

15分ほども水で戻せば調理できます。

 

食感に特徴があり、味は干瓢にちょっと似ているように思います。

鉄分豊富な金針菜、炒めものやスープの具として気軽につかってみてください。

ちなみに、生はコレです
ちなみに、生はコレです