角寒天でテリーヌ、広がる楽しさ!

7月に長野県茅野市で開催した「天然角寒天で作るテリーヌ!テリーヌ!」という料理デモンストレーション&試食のイベントの後、寒天で作るテリーヌの楽しさに目覚めてしまいました。

そんなわけで、今日試作したものはこんな感じ。

寒天でいろいろテリーヌ
寒天でいろいろテリーヌ

ブルゴーニュの「ジャンボン・ペルシエ」も寒天なら簡単ヘルシーアレンジに

茅野市を訪れた後、横浜での料理教室のうちの一品として、「寒天で作るジャンボン・ペルシエ風」をご紹介しました。ジャンボン・ペルシエは、フランス、ブルゴーニュの郷土料理で、本家はもちろん寒天ではなく、肉のゼラチン質で固める、いわゆる煮こごり。これを寒天に変えればずっと手軽でヘルシーなアレンジになります。

料理研究家のお宅にお呼ばれしたとき、「DRYandPEACEさんのレシピで作ってみたんです」と前菜に出していただきました。お皿との相性がステキです
料理研究家のお宅にお呼ばれしたとき、「DRYandPEACEさんのレシピで作ってみたんです」と前菜に出していただきました。お皿との相性がステキです

寒天テリーヌのアレンジベースの基本は3パターン。それを伝授したら、皆さんどんどんオリジナルで楽しむ楽しむ!

この教室に参加してくださった方々には、さまざまなアレンジのベースとなる3パターンをお伝えしました。すると、、、、。

 

その後、何人もの方々からそれぞれのオリジナル寒天テリーヌの写真が寄せられました。以下をご参照ください。

Mさん作:アボカド、まぐろ、茗荷、大葉、山葵醤油風味で。昆布だしベース。
Mさん作:アボカド、まぐろ、茗荷、大葉、山葵醤油風味で。昆布だしベース。
Yさん作:キムチを昆布ダシで伸ばして寒天で固めたもの
Yさん作:キムチを昆布ダシで伸ばして寒天で固めたもの
Hさん作:パセリ、赤・黄ピーマンにポークソーセージ、アボカド。スープベースで。
Hさん作:パセリ、赤・黄ピーマンにポークソーセージ、アボカド。スープベースで。
Mさん作:トマトスープでソーセージとクリームチーズとセロリを具に。バジルソースをかけて
Mさん作:トマトスープでソーセージとクリームチーズとセロリを具に。バジルソースをかけて

ポテサラの残りを寒天で固めればテリーヌに、と口頭で話したところ、作りました!レポートが

Oさん作:ポテトサラダを固めたもの
Oさん作:ポテトサラダを固めたもの
Sさん作:スープ多めのポテサラ寒天テリーヌ
Sさん作:スープ多めのポテサラ寒天テリーヌ
HMさん作:これもポテサラ寒天テリーヌ
HMさん作:これもポテサラ寒天テリーヌ

180年の伝統がある、長野県茅野市の名産、角寒天(棒寒天)。
茅野市の自然だからこそ作ることができる乾物です。

角寒天を使った料理、これからもいろいろ考えていきます。