マリヌス・セカンドさんが乾物ドライカレーパン教室を開催してくれました

7月に続いて、北区赤羽でパン教室「マリヌス・セカンド」を主宰する小野塚順子さんが、8月13、14の二日間、乾物焼きカレーパンを教室で教えてくださいました。

小野塚さんは、DRYandPEACEの乾物ドライカレーパンプロジェクトの趣旨に共感してオリジナルの乾物焼きカレーパンを開発。干したほうれんそうと高キビを使用。バターも卵も使わない乾物焼きカレーパンは色も黄色くてとってもきれいです。

干したほうれんそうと高キビ入りの焼きカレーパン
干したほうれんそうと高キビ入りの焼きカレーパン

昨年の寄付金で植えた100本の杏の木は想定以上の活着率で育っています

この教室で教えていただいた乾物焼きカレーパン1個につき10円は、DRYandPEACEの乾物ドライカレーパンプロジェクトを通じて、内モンゴルでの杏の植樹に使われます。

 

2013年は寄付金によって100本のヤマアンズの木を植樹できました。

現地で協力いただいている(社)地球緑化クラブさんからの報告では、通常の活着率は6割程度とのことですが、DRYandPEACEの「林」は8割を超す活着率とのこと。思いの強さ、ということにしておきます。

 

5年すると実をつけるはずとのこと。

その実を加工することで、現地の人たちの現金収入に結びつきます。

乾物ドライカレーパンプロジェクトへの協力パン屋さん、パン教室さんを募集中しています。

2013年は100本のヤマンズの苗木を植樹できました
2013年は100本のヤマンズの苗木を植樹できました