2014年

6月

24日

新潟の笹だんご、本来はオヤマボクチを使っていた!

新潟の笹だんごをおみやげにいただいた。

笹だんごの中身は、ふつうヨモギを練り込んだおだんご。
ところが、こちらは山ごぼうの葉を使っている、とのこと。

山ごぼうの葉!
長野県飯山市の富倉そばのつなぎのオヤマボクチのこと?と思い調べてみた。

新潟のおみやげの定番、笹だんご
新潟のおみやげの定番、笹だんご

飯山市の富倉そばに使われるオヤマボクチは上杉謙信の火縄銃から、と言われる

山ごぼうは、ごぼうとは異なる。
杉林などに生える植物で、葉の形がごぼうと似ていることから山ごぼうと呼ばれるのだという。

長野県飯山市の富倉そばは、つなぎに山ごぼうの葉(オヤマボクチ)の乾物を使っている。

道の駅で売られていたが、あまり高価で買うのをやめたのを思い出した。

富倉そばは、新潟と長野の県境の富倉という地域で作られているそば。オヤマボクチがつなぎになるので、小麦粉を混ぜる必要がない。

以前何度か食べにいったのだが、山ごぼうを茹でてアクを抜いて干して、というその作業が大変なこと、また山ごぼう自体が少なくなっていることから、富倉そばの作り手もまた少なくなってしまっているときいた。

そして、実は、オヤマボクチは、上杉謙信が火縄銃の火縄の原料に使ったもので、謙信が富倉の峠を超える時にこの作り方が富倉に残り、今の富倉そばにつながっているという話もその時にきいた。

飯山の商工会議所でも、富倉そばをどうにか継承していきたいと話していた。

ヨモギとは色と香りが違う
ヨモギとは色と香りが違う

さて、笹だんごの店のサイトを見てみると、本来はオヤマボクチで作っていたのが、手に入りにくくなったため、ヨモギで代用するようになったのだという。

今では貴重なオヤマボクチで作った笹だんご。
ありがたくいただきます。