慶応大学院システムデザインマネージメントにてお話をさせていただきました

日吉にある慶応大学大学院システムデザインマネージメント研究科にて、保井俊之特別招聘教授の「社会システムのシステムズアプローチ」という講義の中で、サカイが「食を通じて未来の社会に働きかける」と題してお話をさせていただきました。

 

ワールドカフェスタイルのワークショップで乾物についてブレストする学生さんたち
ワールドカフェスタイルのワークショップで乾物についてブレストする学生さんたち

何を食べるかは、未来の社会に繋がる選択。

人口の増加、砂漠化、食料争奪?、飢餓と飽食。

そんな問題がある現代においては、自分の体のために何がよいかといった視点以外に、未来の社会を考えて選ぶということもまた重要になってくると考えています。

 

乾物はなぜPEACEか?と乾物をもっと作って食べることがどんな未来に繋がるのかを解説させていただいた後、そんな乾物利用を広げるために、DRYandPEACEが今まで取り組んできたこと(乾物ドライカレーパンプロジェクトを含む)、またこれからやっていきたいことについてお話させていただきました。

「気づき」を共有する
「気づき」を共有する

乾物といわれてもすぐにピンとこない、普段の生活からは遠いところにある、という方がほとんどでしたが、乾物を意識するきっかけになってくれればと思います。