papasecaってなんだ?

DRYandPEACE。このサイトを作るきっかけになったのは、パパセカとの出会い。パパセカは、あるブラジル食材店でみつけました。日本語で「乾燥ジャガイモ」の表記もあったので、ジャガイモだということはわかるけれど、見た目は茶色い石。ペルーの乾燥ジャガイモと言えば、チューニョ(食べたことはありませんが)だと思っていたけれど、それとはどうやら違うみたい。お店の人に使い方を尋ねたら、ブラジル人の店員さんは「自分は使わないのでわからない」とのこと。でも、誰かに電話して戻し方、食べ方を聞いてくれました。一晩水につけて戻してから肉などと一緒に煮込んで食べるのだそう。ペルーでは人気のあるものらしい。

買って帰り、さっそく使ってみると、栗にも似たほっこりした触感と味わい。おいしい!

世界にはいろんな食材があるもんだ。DRYなら、保存が難しくないので、遠くへも運びやすい。故郷の味が食べられることって、遠い国に住んでいながらも幸せを感じられることだと思う。

日本国内にも、まだまだ知られていないDRY食材がありそう。乾燥させて保存すれば、無駄なくおいしく食べられる。知恵とおいしさを日本中で、世界中で共有できたらいいな、そんな願いをこめて。

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    Passion and Will 日谷 (土曜日, 21 5月 2011 15:35)

    DRY AND PEACE 「おめでとうございます!!!」
    食べものを大切にして・・・楽しく食べて・・・食べ残さない♪
    ますます楽しみにしています♪♪♪
    瀬戸内・・・尾道にはさまざまな乾物があります。
    「ぶちうまいけぇ~(とっても美味しいですよ~)!!!」

  • #2

    dryandpeace (日曜日, 22 5月 2011 15:57)

    早速ご覧いただき、ありがとうございます。
    各地のDRY食材、精力的に紹介していきたいと思っています。
    もちろん尾道のものも!

  • #3

    山梨・山路 (木曜日, 26 5月 2011 00:43)

    素晴らしい発想ですね。現在、福島からの原発避難者が古民家なかやの経営に参加してもらってます。「原子力より原始力」を合言葉に、より自然エネルギーを如何に活用するかを実践中です。機会があれば、是非山梨でご指導ください。