■野菜と果物のDRY かんぴょう

かんぴょう
かんぴょう

●かんぴょうとは?

かんぴょうの原料 夕顔の実は8~10kgの重さ
かんぴょうの原料 夕顔の実は8~10kgの重さ

かんぴょうは、ウリ科のユウガオの実(ふくべ )を紐状に細長くむいて、乾燥させたものです。

 

夕顔は、7月の下旬から8月初旬にかけて収穫されます。

 

日本食糧新聞の2019年12月16日の記事によれば、主な輸入先は中国で、

国産価格は中国産のおよそ2倍、国内流通量はしばらく国産1対中国産9だったが、今では国産が1割を切っている」

のだそうです。

 

かんぴょうには、無漂白のものと漂白したものがあります。

〇無漂白

 

 自然な甘みやうま味があります。やや黄色っぽい。

〇漂白

 

 カビや虫がつきにくく、真っ白です。無漂白のものと比べると引き締まっていて切れにくい。

巨大なハウスの中に干されたかんぴょう
巨大なハウスの中に干されたかんぴょう

●戻し方、使い方

無漂白のものと漂白したもので、戻し方が異なります。

 

〇無漂白

軽くもんで水洗いしたら、柔らかくなるまで5~10分ほど茹でます。

この茹で汁は、出汁として使うことができます。

 

〇漂白

 

二酸化硫黄を取り除くために塩をふり、柔らかくなるまでよくもみ洗いします。

水洗いした後、10分ほど茹でます。

●かんぴょうを使ったレシピ

 

かんぴょうを使ったレシピ

 

 

>レシピへ