■ 野 菜 と 果 物 の D R Y 干し椎茸

●干し椎茸とは?

干し椎茸は、椎茸を乾燥させたものです。

 

冬菇(どんこ)は、肉厚の高級品。

香信(こうしん)は傘が開いてから収穫したもの。

薄切りにしたスライス干し椎茸も売られています。

 

干したものは、生に比べてビタミンDが多く含まれています。

 

干し椎茸に含まれる旨味成分「グアニル酸」には、グルタミン酸の旨味をより感じさせる働きがあります。

 

●戻し方、使い方

薄切りタイプや香信は薄いため、水に浸けて15分ほどで戻るので、急ぐ時に重宝です。

 

冬菇(どんこ)は、水に漬けて冷蔵庫に入れて8時間ほどじっくり戻すと、ふっくらおいしく戻ります。

 

時間がない時は、砂糖水やぬるま湯につけたり、水につけた状態で電子レンジにかければ速く戻すことはできますが、味や香り、食感は落ちます。

 

干し椎茸は、ヨーグルトとよく混ぜて、冷蔵庫で8時間ほどおくと、ツヤツヤふっくら戻ります。

ヨーグルトごと、カレー、すき焼きのように濃い目の味付けの料理に加えるのが、おすすめです。

●干し椎茸を使った料理

乾物たっぷり上海風

 

干し椎茸とレンティル、ドライドトマトのピラフ

 

戻さずに使うことができる乾物をで作るピラフです。

それぞれの乾物のうま味が一体になって美味しいですよ!

 

乾物たっぷり上海風

 

干し椎茸とドライドトマトのチーズディップ

 

グルタミン酸たっぷりのドライドトマトとチーズ、グアニル酸を含む干し椎茸で、旨味の相乗効果が楽しめるディップです。

 

乾物たっぷり上海風

 

干し椎茸入りカルボナーラ

 

カルボナーラも干し椎茸を入れると、風味がワンランクアップします。

 

乾物たっぷり上海風

 

干し椎茸のトマトチーズ焼き

 

トマトジュースで戻せば、干し椎茸もイタリア風!
ワインのお供にどうぞ。