■ 野 菜 と 果 物 の D R Y 干したけのこ

●干したけのことは?

筍を茹でた後、乾きやすいように薄切りにするなどして、干したものです。

 

九州地方では、家庭でもよく作られています。

 

中国では「笋干(スンガン)」と呼ばれ、広く食べられています。

 

よく知られているメンマ(筍絲=スンシー)は、台湾の伝統食材で、タケノコを乳酸発酵させたものです。

水煮や塩漬にして保存するのが一般的ですが、乾燥させたものもあります。

茹でた筍を家で干すこともできます
茹でた筍を家で干すこともできます

●戻し方、使い方

干し筍を戻すと色が白く、柔らかくなります
干し筍を戻すと色が白く、柔らかくなります

たっぷりの水の中に筍を入れて、30分ほど蓋をして弱火で茹でたら火をとめ、冷めるまで放置します。

 

急ぐときには、乾いたままポキポキ折って小さくしてから茹でると、15分〜20分ほどで戻ります。

ただ、節があることで、均等に折るのが難しいため、不揃いになりがちです。

出来上がりの美しさを考えるなら、そのまま戻すことをおすすめします。

●干したけのこを使った料理

干し筍ときくらげ入り鶏のピリ辛炒め

 

干したけのこときくらげ入り鶏のピリ辛炒め

 

干したけのこときくらげが入ることで食感の楽しさも味わえる、ご飯がすすむ中華風の炒めものです。