■豆のDRY 緑豆

●緑豆とは?

日本でもかつては作られていましたが、今はほとんど生産されていません。

 

タイ、ミャンマー、中国などから輸入されています。

 

もやしや春雨の原料になる小さな豆です。

 

体を冷やすと言われています。

●戻し方、使い方

緑豆は、戻さずに使うことができます。

 

一度茹でこぼして(沸騰したら水を捨てる)から、水を替えて30分程度柔らかくなるまで茹でてから使います。

 

ご飯に炊き込むときは、3〜4時間水に浸けておけば、米と一緒に炊きあげることができます。

 

東南アジアや東アジアでは、お汁粉のようにして食べたり、スイーツやお粥などに使ったりすることが多いようです。

●緑豆を使った料理

湯葉ご飯

 

緑豆とキクラゲと昆布のチェー

 

茹でた緑豆、キクラゲ、昆布、と乾物たっぷりのベトナム風スイーツです。

ココナッツミルクの甘さとよく合います。

 

 

 

 

 

 


画像をクリックして

5問のクイズに答えると

回答と解説をご覧いただけます。