■ 豆 の D R Y  小豆(あずき)

●あずきとは?

ささげ属の豆で、主な生産地は北海道です。

 

あずきの中でも、大粒で煮崩れしにくいものは「大納言」と呼ばれています。

 

ほとんどが、あんこをはじめとした菓子の原料として使われています。

 

赤いあずきの他、希少な白小豆があります。

 

こちらは、高級な白あんの材料となっています。

●戻し方、使い方

あずきは、戻さずにすぐに煮ることができます。

 

さっと洗ってから、たっぷりの水とともに火にかけ、沸騰したら、その水を捨てます。(ゆでこぼし)

 

新しい水を入れて火にかけ、沸騰したら中火~弱火で豆が柔らかくなるまで煮ます。

 

豆が新しいかどうかにもよりますが、40分から1時間くらいで柔らかくなります。

 

あずきは、煮ているうちに破れやすいため、関東では赤飯を作る際には、あずきではなくササゲを使います。

 

これは、腹が切れることが「切腹」を連想させ、武家社会から嫌われたからとされています。

 

大粒の大納言は、赤飯にも用いられます。

●あずきを使った料理

カリオカ豆と塩豚のブラジル風

 

あずきのインド風サラダ

 

 スパイスをきかせたサラダに、あずきがアクセントに。