■ 海 藻 の D R Y 寒天

● 寒天とは?

テングサ(天草)やオゴノリなどを煮だして凍結した後、乾燥させたものです。江戸時代の料理書にも寒天を使った料理が紹介されています。角寒天、糸寒天の他、工場で作られる溶けやすい粉末寒天などが売られています。

 

国内では長野県の諏訪地域(とくに茅野市が有名)が産地であり、近年は輸入ものが多くでまわっています。みつ豆、水羊羹、あじさいなど和菓子の材料に使われる他、金沢などでは食物繊維を多く含み、カロリーが低いため、近年ダイエット効果などでも注目の食材です。

● 戻し方、使い方

棒寒天の場合は、水に20分以上漬けて戻します。

柔らかくなったら水気を絞り、ちぎって水に入れて火にかけます。沸騰するまではかき回したりせずに待ち、沸騰後は5分ほどかき混ぜながら煮て完全に溶かして使います。

 

冷蔵庫に入れなくても常温で固まります。

はやく固めたい時は、一回り大きい器を用意して氷水をはり、その中に器を入れ子にして冷まします。

 

 

● 寒天を使った料理

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

 

玲瓏豆腐(こおりどうふ)

江戸時代の料理書にものっている料理です。豆腐の白が涼やか。酢醤油やカラシをつけて食べる他、黒蜜や白蜜などをかけて食べてもおいしいです。

 

>レシピへ