■ 野 菜 と 果 物の D R Y きくらげ

●きくらげとは?

きくらげとは、春から秋にかけて、倒木や枯れ枝などにはえるきのこ。東アジアでよく食べられています。干しきくらげは、ヒダ状の形状と、コリコリ、プルプルとしたくらげのような食感が特徴です。一般的なのは、黒きくらげ。裏が白い「裏白」、透明な「白きくらげ」などもあります。

白きくらげは、透明感のあるレースのような形状で、中国でデザートによく使われています。

 

●戻し方、使い方

水に15分〜20分ほどつけて戻します。

 

 

●きくらげを使った料理

変わり肉味噌入りコメティーヤ
変わり肉味噌入りコメティーヤ

米粉で作るコメティーヤのおともに、肉味噌。きくらげと大豆がたっぷり入ることで、歯ごたえのアクセントになります。コメティーヤは食べたい分だけすぐに作れるので便利。肉味噌は冷蔵庫で1週間程度持ちます。

 

レシピへ

DRY食材たっぷり上海風
DRY食材たっぷり上海風
干し筍ときくらげ炒め
干し筍ときくらげ炒め