■ 海 藻 の D R Y すき昆布

●すき昆布とは?

すき昆布とは、昆布を茹でてから2〜3mm幅に切り、ぬめりをとってから、平らに干したもの。一度茹でてあるので、塩気は薄く、食感は柔らかく、すぐに戻るのが特徴です。三陸、とくに普代が産地として有名です。

●戻し方、使い方

湯に漬けて10分ほど、水につけても20分ほどで戻ります。煮物やサラダ、炒め物など、気軽に加えてみてください。煮物やスープに加える時は、さっと水洗いしただけで加えても大丈夫です。煮汁やスープに昆布の旨味と風味が加わるので、わざわざダシをとる必要がない便利素材。いろいろ使ってみてください。

●すき昆布を使った料理

すき昆布と根三つ葉の炒めもの
すき昆布と根三つ葉の炒めもの

すき昆布を湯につけてから材料を切り始めれば、出来上がりまであっという間。根三つ葉の香りとすき昆布の旨味とを味わって。

 

>レシピへ

すき昆布とエノキダケの梅肉和え
すき昆布とエノキダケの梅肉和え

さっと茹でたエノキダケと、戻したすき昆布、きゅうりを梅肉、かつおぶし、醤油、レモンで味付け。食欲がない時にもさっぱりして食がすすみます。

 

>レシピヘ