乾物料理42品と乾物を使いこなすための知識を学ぶ

 

乾物マジックマスター講座

乾物マジックレシピ」に掲載したすべての料理(42品)を作ってしまおうという全10回の講座。料理のコツを目の前で見て味を確かめるとともに、さまざまな乾物についての知識も深めていきます。


 

■乾物のマジックって?

 

ゆとりの時間ができる!

 

切干大根を水に浸けるのに必要な時間は数十秒。帰宅後シャワーを浴びて着替える20分で戻ります。生の大根の皮をむいて刻む時間も、包丁やまな板を洗う手間も省けるのです。戻すのに8時間ほどかかる乾物もありますが、その間はほったらかしで大丈夫。乾物を使いこなせば、慌てることもなく、家に帰ってからの時間を有効に活用できるのです。

 

料理を美味しくする!

 

いくら便利な食材でも、おいしくなければ食べたいとは思えません。生とは違う乾物ならではの特徴は、旨味が凝縮されていること、食感、風味です。普段の料理にうま味や香りをプラスするだけでなく、主役としても活躍します。和食だけに限定するのはもったいない。いろいろな料理に使える食材なのです。

 

家計にやさしい!

 

乾物は常温で長期保存できるので、一度に使いきれなくても大丈夫。自分や家族の予定が急に変わっても、戻す前なら食材を無駄にすることもありません。天候不順で野菜の価格が高くなる時も、乾物なら価格は安定しています。

 

買い物がラク!

 

水分が抜けて軽量な乾物は、家まで持ち帰るのもラク。長期保存ができるので常備しておくことができ、買い物に出かけたくない時にも、災害へのそなえとしても役立ちます。

 

ゴミが少なくなる!

 

乾物ならゴミが出ません。実は日本の食品ロスの半分は家庭から出ています。乾物を使う頻度を増やし、さらには生の野菜を自家製の乾物にすれば、家庭からの食品ロスは大幅に削減できるはず。形の悪い野菜も、乾物にすれば気にならず、旬にできすぎた野菜も乾物にすることで通年売れるようになるので、生産地での食品ロスを抑えることもできます。

 

添加物なしなので、ヘルシー!

 

旬の美味しい時期に干すことで、栄養と風味を閉じ込めることができます。干すとアップする栄養もあり、余計な添加物がないのも魅力。子育て中の家庭にもお勧めです。食物繊維もたっぷりで、よく噛むことにもつながります。

 

 

地球にやさしい!

 

いくら便利な食材でも、乾物は冷蔵庫に保存する必要がないため、省エネになります。また、軽いため輸送の際の燃料が抑えられ、CO2の削減にもつながります。

 

 

■11の乾物を使いまわす

干し大根、干し人参、干し椎茸、高野豆腐、煎り大豆、煮干し、棒寒天、干しわかめ、油麩、ドライフルーツ、ナッツ

乾物マジックでは、これらの11の乾物を使います。

味わい、彩、食感、料理のしやすさ、つかいがって、組み合わせの多様さを考え、海のものと山のものからバランスよく選んでいます。

 

全10回の内容

<前期1~5回>

第1回 乾物でカレーが大変身

 

花切り大根、高野豆腐と干し椎茸のグリーンカレー
グリーンカレーの棒寒天テリーヌ
ドライフルーツカレー
煎り大豆と割り干し大根、干し人参のピクルス
ナッツライス(おまけ)

第2回 乾物で、白ワインに合うおもてなし

 

だしがら煮干しのバーニャカウダ
干し椎茸のポタージュ
白身魚のわかめ蒸し
紅茶で戻した油麩のサヴァラン風

第3回 乾物でBreakfast

 

フライパングラノーラ
スパイス入りオレンジジュースで戻したドライフルーツ入りクスクス
オレンジジュースで戻した干し人参と棒寒天のサラダ
豆腐のわかめヨーグルトソース

第4回 乾物アジアン

 

干し大根と干し椎茸の器ごと蒸しご飯
ツナ缶とドレッシングで戻したナッツと棒寒天のタイ風サラダ
切り干し大根と干し人参のベトナム風サラダ
乾物だけで作る味噌汁

第5回 乾物ニッポン

 

わかめ入り卵焼き
わかめの天ぷら
豆腐で戻したドライフルーツの白和え
油麩と棒寒天、わかめの酢の物
旨汁うどん 

 

<後期6~10回>

第6回 乾物で、インド!

 

ビリヤニ風カレーピラフ
タンドーリスパイス液で戻した高野豆腐のソテー
わかめと棒寒天のライタ(インド風ヨーグルトサラダ)
ドライフルーツとナッツとクリームチーズの寒天

 

第7回 乾物で、イタリア!

 

トマトジュースで戻した煮干しのハーブ焼き
トマトジュースで戻した高野豆腐のチーズ焼き
トマトジュースで戻した干し椎茸の生ハムチーズ焼き
わかめとカシューナッツのリゾット

 

第8回 ビールに合う乾物料理

 

豚ひき肉といろいろ乾物の香港風蒸し物
ヨーグルトで戻した煎り大豆のチーズ焼き
ヨーグルトで戻した煎り大豆のマッシュサラダ
ヨーグルトで戻した煎り大豆のサラダ

 

第9回 乾物で、日韓中!

 

鯖缶と乾物の韓国風スープ
乾物たっぷり万能肉味噌の炸醤麺風
韓国風ナムル3種(干し椎茸、干し人参、切干し大根)
卵液で戻した油麩のピカタ

 

第10回 昭和の素材を令和風に

 

油麩と干し椎茸の卵とじ
割り干し大根の酢醤油漬け
干し大根と煎り大豆の炊き込みごはん
フルーツ缶で戻した寒天のデザート

 

 

買ったものを使い切り、時短で美味しい料理を作りたい。

 

ワンパターンになりがちな乾物料理の幅を広げたい

 

子どもを連れて、毎日買い物にでるのは大変。

 

レシピ本を買っても、2,3品しか作ったことがない。 

 

 

 

■参加者の方々から

大木本洋子さん(40代)
日頃から乾物は使っていましたが、副菜とか作り置きの保存食にというイメージでした。でも実は、持ち寄りのときにも「どーだ!」と出せるようなメインディッシュにもなるというのが驚きでした。一番印象的だったのは、乾物を水以外(トマトジュース、オレンジジュースなど)で戻すことでした。乾物を使うようになって、料理が時短になり、買い物にでる回数も減りました。

尾山真紀さん(40代)

乾物と言えば、伝統的な和食という印象でしたが、こんなにも種類も多く多様性があるとは思っていませんでしたとにかく時短で美味しくて感動。各国料理にも対応でき、ヘルシーでカラダにもよく、いろいろなアレンジレシピを考えられるとワクワクしています。棒寒天を溶かさずに使うのもびっくりでした。

Y.Hさん(40代)

普段乾物はあまり利用してませんでしたが、講座を受けて「乾物は、時短、簡単、美味しい、すごい!」に変わりました。これからはもっと多くの乾物を常にストックして、たくさんのアレンジに挑戦してみたいです。防災食としても活かせるように日々の料理に取り入れるクセをつけたいです。先生方の掛け合いが楽しかったです!

N.K.さん(60代)

和食の基本食材であり、ダシと合わせて使うと思い込んでいましたが、乾物そのものの旨味の活用が楽しかったです。ドライフルーツやスパイスなども使い、地球サイズのレシピだなと思いました。乾物を気軽に取り入れていこうと思います。

R.Y.さん(30代)

乾物が主役になったり、意外な使用法でとても可能性があることがわかり、自分なりのアレンジができそう♪と思うようになりました。復習として料理を友人に食べてもらうと、みなさん「へえ〜〜!」と驚いていました。畑をやっているのですが、大根のタネを乾物用に多めに撒こうと思います。サカイさんと田平さんとの掛け合いが一番印象に残りました(笑)。毎回楽しい時間でした。

小川みゆきさん(40代)

ヘナやハーブ、薬膳スープを愛用しているので仲間だなーと思っていましたが、乾物料理は本当に美味しくて、みんなに知ってほしい! デモンストレーションをみていて、いい意味でテキトーでいいんだなと料理が好きになりました。私の周りに乾物洗脳者が増えました。知人や鍼灸院の患者さんとの会話の中で乾物の話題がからなず出るようになりました。

N.M.さん(40代)

乾物をどう使えばいいか今ひとつよくわからなかったのですが、固定観念を覆されて、いろいろな使い方ができることがわかりました。大雑把で気負わなくていいのもいい!乾物を使いこなせるようになると料理は無限大!とっても美味しい!友だちにも使い方を教えてあげたくなりました。娘や息子にも伝えて作らせたいです。

 

2019年

前期 終了          ■後期募集中

 530日 乾物で、カレーが大変身

 613日 乾物で、
     白ワインにあうおもてなし

 627日 乾物Breakfast

 711日 乾物アジアン

 725日 乾物ニッポン

 

 場所:東京都大田区

 時間:各回とも11:00~13:00

 

 

  9月 3日 乾物で、インド!

 10月17日 乾物で、イタリア!

 10月31日 ビールに合う乾物料理

 11月14日 乾物で、日韓中!

 11月28日 昭和の素材を令和風に

  

  場所:東京都世田谷区 最寄り駅下北沢

 時間:各回とも11:00~13:00

 参加費:30,000円(5回分)税別

 


   

*3日前以降のキャンセルについては、キャンセル料を頂戴する可能性があります。ご了承ください。